琴奨菊は大関陥落 栃ノ心によぎる“初場所V力士”の凋落

公開日:

 今年最初の本場所を優勝で飾った栃ノ心(30)。しかし、初場所優勝というと、どうもあの力士が思い浮かぶ。2016年に初めて賜杯を抱いた元大関の琴奨菊(34)だ。

 琴奨菊は16年1月場所で初優勝。2場所連続優勝と横綱昇進が期待された続く3月場所では8勝7敗といつもの「ダメ大関」に戻ってしまった。昨年、大関から陥落すると、現在は平幕まで転落した。

 栃ノ心はそんな琴奨菊と同じ轍を踏むことにならないか。

「まず、相撲が違いますよ」と、某親方がこう続ける。

「琴奨菊は投げもあるが、基本はがぶり一辺倒。当時から両ヒザはボロボロで、がぶりの威力も全盛期ほどではなかった。いわば、下り坂にあった力士です。栃ノ心も13年に右ヒザを手術したが、現在は全快。むしろ今の方が調子はいいでしょう。右四つになれば、相手が誰であろうと盤石な相撲が取れる。ケガをした影響からか、力強さに加えて良い意味で慎重な相撲を取るようになった。遅咲きの力士として、今後は期待が持てる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る