琴奨菊は大関陥落 栃ノ心によぎる“初場所V力士”の凋落

公開日: 更新日:

 今年最初の本場所を優勝で飾った栃ノ心(30)。しかし、初場所優勝というと、どうもあの力士が思い浮かぶ。2016年に初めて賜杯を抱いた元大関の琴奨菊(34)だ。

 琴奨菊は16年1月場所で初優勝。2場所連続優勝と横綱昇進が期待された続く3月場所では8勝7敗といつもの「ダメ大関」に戻ってしまった。昨年、大関から陥落すると、現在は平幕まで転落した。

 栃ノ心はそんな琴奨菊と同じ轍を踏むことにならないか。

「まず、相撲が違いますよ」と、某親方がこう続ける。

「琴奨菊は投げもあるが、基本はがぶり一辺倒。当時から両ヒザはボロボロで、がぶりの威力も全盛期ほどではなかった。いわば、下り坂にあった力士です。栃ノ心も13年に右ヒザを手術したが、現在は全快。むしろ今の方が調子はいいでしょう。右四つになれば、相手が誰であろうと盤石な相撲が取れる。ケガをした影響からか、力強さに加えて良い意味で慎重な相撲を取るようになった。遅咲きの力士として、今後は期待が持てる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る