琴奨菊は大関陥落 栃ノ心によぎる“初場所V力士”の凋落

公開日:

 今年最初の本場所を優勝で飾った栃ノ心(30)。しかし、初場所優勝というと、どうもあの力士が思い浮かぶ。2016年に初めて賜杯を抱いた元大関の琴奨菊(34)だ。

 琴奨菊は16年1月場所で初優勝。2場所連続優勝と横綱昇進が期待された続く3月場所では8勝7敗といつもの「ダメ大関」に戻ってしまった。昨年、大関から陥落すると、現在は平幕まで転落した。

 栃ノ心はそんな琴奨菊と同じ轍を踏むことにならないか。

「まず、相撲が違いますよ」と、某親方がこう続ける。

「琴奨菊は投げもあるが、基本はがぶり一辺倒。当時から両ヒザはボロボロで、がぶりの威力も全盛期ほどではなかった。いわば、下り坂にあった力士です。栃ノ心も13年に右ヒザを手術したが、現在は全快。むしろ今の方が調子はいいでしょう。右四つになれば、相手が誰であろうと盤石な相撲が取れる。ケガをした影響からか、力強さに加えて良い意味で慎重な相撲を取るようになった。遅咲きの力士として、今後は期待が持てる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る