“奇襲”封印なら…稽古再開の横綱白鵬は春場所も休場危機

公開日:

 いよいよツケが回ってきたようだ。

 8日から稽古を再開した横綱白鵬(32)。古傷の右足親指を負傷しながらも臨んだ1月場所は、左足親指も痛めたとして5日目から休場した。この日はまだ慣らし運転、基本的な稽古に終始したが、3月場所の出場は明言せず。「今はケガをどうやって治すか」と、あくまで体調優先であることを強調した。

 もっとも、角界にはその言葉をうのみにしている者は皆無。いまや白鵬のアキレス腱はケガではなく、相撲そのものであることは誰もが承知しているからだ。

 白鵬は昨年の11月場所で40回目の賜杯を抱いた際、優勝インタビューで「日馬富士をまた土俵に上げたい」と、暴行事件の加害者をかばった揚げ句、観客に万歳三唱を要求。暴行現場に居合わせた当事者の身勝手な振る舞いに、協会やファンを激怒させた。堪忍袋の緒が切れた横綱審議委員会には、ヒジ打ち、張り差しといった横綱らしからぬ汚い取り口を厳しく指摘された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る