“奇襲”封印なら…稽古再開の横綱白鵬は春場所も休場危機

公開日:

 いよいよツケが回ってきたようだ。

 8日から稽古を再開した横綱白鵬(32)。古傷の右足親指を負傷しながらも臨んだ1月場所は、左足親指も痛めたとして5日目から休場した。この日はまだ慣らし運転、基本的な稽古に終始したが、3月場所の出場は明言せず。「今はケガをどうやって治すか」と、あくまで体調優先であることを強調した。

 もっとも、角界にはその言葉をうのみにしている者は皆無。いまや白鵬のアキレス腱はケガではなく、相撲そのものであることは誰もが承知しているからだ。

 白鵬は昨年の11月場所で40回目の賜杯を抱いた際、優勝インタビューで「日馬富士をまた土俵に上げたい」と、暴行事件の加害者をかばった揚げ句、観客に万歳三唱を要求。暴行現場に居合わせた当事者の身勝手な振る舞いに、協会やファンを激怒させた。堪忍袋の緒が切れた横綱審議委員会には、ヒジ打ち、張り差しといった横綱らしからぬ汚い取り口を厳しく指摘された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る