TV・雑誌で協会を猛批判 貴乃花親方「大反論」の嘘と本当

公開日: 更新日:

 7日、貴乃花親方(45)がテレビ朝日にVTR出演。昨年の日馬富士暴行事件から先日の理事候補選まで続く一連の騒動について、「独占緊急特報!!貴乃花親方105日沈黙破りすべてを語る」と題した番組で計3時間半のインタビューを受け、協会批判を繰り広げた。

 さらに8日発売の週刊文春にも「独占90分 貴乃花答える」と、自身の激白が掲載された。

 角界を揺るがすこの騒動にはさまざまな見方がある。しかし、ついに口を開いた貴乃花親方の主張には食い違いや事実と異なることも多い。

 まず、さる2日の理事候補選について、「1票でも出ると決めてからは、誰とも票の工面はしていない」という週刊文春でのくだりだ。

 貴乃花親方がいつ、それを決意したかはともかく、少なくとも1月場所中に貴乃花親方が、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と山響親方(元前頭巌雄)と接触しているのは、複数の親方に目撃されている。いずれも、2016年の理事長選では貴乃花親方を支持していたが、現在は決裂したといわれている関係だ。理事選直前に「元同志」と話し込むのは票に関することだろうし、日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方には「民事訴訟の取り下げを交換条件に、選挙協力を持ちかけたのでは」と、協会内でもウワサになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る