• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1カ月で克服なるか 大谷2失点初登板で露呈した3つの課題

「初めてにしては良かった。投げられたことが何よりのステップ」

 エンゼルスのソーシア監督がこう言えば、ナギー投手コーチも「フォークは低めにきて、ストレートはコントロールできていた」と満足げに話した。

 大谷翔平(23)のオープン戦初登板(日本時間25日=対ブルワーズ)は、1回3分の1を投げて2安打2失点、1与四球。暴投あり、被本塁打ありと、結果はいまひとつだったものの、首脳陣はおおむね好意的だった。

 この試合を中継したNHKBSで解説を務めた元レッドソックスの岡島秀樹氏もこう言った。

「緊張しているそぶりは見えず、マウンド上では落ち着いていました。今の時期に156キロが出るのであれば、仕上がりは順調とみていいと思います」

■「何も得ていないが何も失っていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る