1カ月で克服なるか 大谷2失点初登板で露呈した3つの課題

公開日:

「初めてにしては良かった。投げられたことが何よりのステップ」

 エンゼルスのソーシア監督がこう言えば、ナギー投手コーチも「フォークは低めにきて、ストレートはコントロールできていた」と満足げに話した。

 大谷翔平(23)のオープン戦初登板(日本時間25日=対ブルワーズ)は、1回3分の1を投げて2安打2失点、1与四球。暴投あり、被本塁打ありと、結果はいまひとつだったものの、首脳陣はおおむね好意的だった。

 この試合を中継したNHKBSで解説を務めた元レッドソックスの岡島秀樹氏もこう言った。

「緊張しているそぶりは見えず、マウンド上では落ち着いていました。今の時期に156キロが出るのであれば、仕上がりは順調とみていいと思います」

■「何も得ていないが何も失っていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る