• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

外国人枠争い熾烈の巨人 指揮官は「必要な選手使うだけ」

 巨人・高橋由伸監督(42)のインタビュー後編は、球団から要望される「若返り」を実践すべく期待する若手について。昨季14勝を挙げたマイコラスが抜けた先発投手陣、外国人枠争い、昨季大きく負け越したセ・リーグ連覇中の広島とどう戦うか。契約最終年の3年目を迎える指揮官が語った。

 ――球団は「若返り」を強調している。出てきて欲しい若手の名前は?

「期待でいえば、岡本(2014年1位)であったり、吉川(尚=16年1位)であったり、やっぱり近年のドラフトで評価されて入っている選手たちが出てきてくれるのが自然だと思います」

 ――ドラフト1位で入った選手が優先?

「この世界は平等ではないけど、みんなにチャンスはあります。(1位入団選手に)期待はしても、競争して勝ち残った選手なら、誰が出てきてくれてもボクとしては同じこと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る