• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

外国人枠争い熾烈の巨人 指揮官は「必要な選手使うだけ」

 巨人・高橋由伸監督(42)のインタビュー後編は、球団から要望される「若返り」を実践すべく期待する若手について。昨季14勝を挙げたマイコラスが抜けた先発投手陣、外国人枠争い、昨季大きく負け越したセ・リーグ連覇中の広島とどう戦うか。契約最終年の3年目を迎える指揮官が語った。

 ――球団は「若返り」を強調している。出てきて欲しい若手の名前は?

「期待でいえば、岡本(2014年1位)であったり、吉川(尚=16年1位)であったり、やっぱり近年のドラフトで評価されて入っている選手たちが出てきてくれるのが自然だと思います」

 ――ドラフト1位で入った選手が優先?

「この世界は平等ではないけど、みんなにチャンスはあります。(1位入団選手に)期待はしても、競争して勝ち残った選手なら、誰が出てきてくれてもボクとしては同じこと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る