マギーも脱帽 巨人2年目右腕・谷岡がローテ候補に急浮上

公開日:

 谷岡竜平(21)が22日、一軍沖縄・那覇キャンプでフリー打撃に登板した。

 阿部、ゲレーロ、マギー、坂本の4人の主力を相手に力のある球で押し込んだ。安打性の当たりゼロに抑えられた昨季打率リーグ2位のマギーは、「低めの直球が伸びていた」と脱帽である。

 東芝からドラフト3位で入団して2年目。大物食いが持ち味だ。

 成立学園高2年夏の東東京大会準々決勝で、現広島主砲の鈴木誠也(23)擁する二松学舎大付を撃破。そのままの勢いで甲子園初出場を手繰り寄せた。一方、球界を代表する打者となった今でも、敗れた鈴木にとっては憎き好敵手のようだ。昨季の試合前、谷岡に挨拶をされた鈴木はこう話していた。

「同じ東東京ですから。いい投手っすよ。ボクはあいつにとどめを刺されて結局1回も甲子園に行けなかったんですよね。あいつは2年で行った。特別な思いはあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る