さまよう上原「日本復帰も」報道で可能性があるのは4球団

公開日:

 本当に帰ってくるのか――。カブスからFAになっている上原浩治(42)が、2月28日付の日刊スポーツ1面で日本球界復帰を視野に入れていると示唆したことを受け、日本の球団の対応が注目されている。

 まずは古巣の巨人である。

 同い年の高橋由伸監督(42)は、かつてチームの屋台骨を共に支えた盟友だ。近年、日本球界に復帰した元メジャーリーガーは、黒田(広島)、川崎(ソフトバンク)、このオフの青木(ヤクルト)のように、古巣に戻ることが多い。巨人の支配下登録選手は現在64人。まだ6人の空きがある。復帰に障害はないように思えるが、巨人は「若返り」という球団方針を打ち出している。

 さる球界関係者がこう言う。

「昨季三塁のレギュラーを張った37歳の村田をクビにしている事情もあって、1カ月後に43歳を迎えるベテランの獲得には、球団内で消極的な声もあるようです。新人時代から20勝を挙げた元エースとはいえ、代理人交渉やメジャー挑戦をめぐって何度も球団と衝突した過去がある。このオフは所属先がずっと決まっていなかったわけで、声を掛けるならとっくに掛けているはず。黒田とカープのような信頼関係はないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る