• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さまよう上原「日本復帰も」報道で可能性があるのは4球団

 本当に帰ってくるのか――。カブスからFAになっている上原浩治(42)が、2月28日付の日刊スポーツ1面で日本球界復帰を視野に入れていると示唆したことを受け、日本の球団の対応が注目されている。

 まずは古巣の巨人である。

 同い年の高橋由伸監督(42)は、かつてチームの屋台骨を共に支えた盟友だ。近年、日本球界に復帰した元メジャーリーガーは、黒田(広島)、川崎(ソフトバンク)、このオフの青木(ヤクルト)のように、古巣に戻ることが多い。巨人の支配下登録選手は現在64人。まだ6人の空きがある。復帰に障害はないように思えるが、巨人は「若返り」という球団方針を打ち出している。

 さる球界関係者がこう言う。

「昨季三塁のレギュラーを張った37歳の村田をクビにしている事情もあって、1カ月後に43歳を迎えるベテランの獲得には、球団内で消極的な声もあるようです。新人時代から20勝を挙げた元エースとはいえ、代理人交渉やメジャー挑戦をめぐって何度も球団と衝突した過去がある。このオフは所属先がずっと決まっていなかったわけで、声を掛けるならとっくに掛けているはず。黒田とカープのような信頼関係はないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る