日ハム清宮 136キロを打っても「開幕はまだ早い」のワケ

公開日: 更新日:

 また打った。日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎(18=早実)が1日、本拠地・札幌ドームで行われた台湾ラミゴとの交流試合で2日連続の二塁打を放った。

 この日はスタメンから外れたものの、四回表の守備から中田に代わり、「4番・一塁」で途中出場。五回裏2死走者なしから、相手左腕の真ん中の直球を捉えると、打球は中堅フェンスに直撃する二塁打となった。黄金ルーキーの本塁打性の一打に本拠地は大歓声。続く5番・太田の中前適時打で二塁から巨体を揺らして生還し、この日は3打数1安打。

 中日、横浜などで活躍した評論家の門倉健氏がこう言う。

「札幌ドームのデビュー戦で打つんだから大したもの。ただ、この日の台湾チームの投手レベルはお世辞にも高いとは言えない。左投手とはいえ、打ったのは真ん中寄りの136キロの直球。開幕までに各チームの2本柱、3本柱といわれる一線級の投手にどう対応するか。ポイントは、平均140キロ台後半の直球と球威がある投手の低めの変化球への対応です。新外国人の打者を見る時、これができるかできないかで、日本球界での適応力がだいたい分かるといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る