• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮 136キロを打っても「開幕はまだ早い」のワケ

 また打った。日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎(18=早実)が1日、本拠地・札幌ドームで行われた台湾ラミゴとの交流試合で2日連続の二塁打を放った。

 この日はスタメンから外れたものの、四回表の守備から中田に代わり、「4番・一塁」で途中出場。五回裏2死走者なしから、相手左腕の真ん中の直球を捉えると、打球は中堅フェンスに直撃する二塁打となった。黄金ルーキーの本塁打性の一打に本拠地は大歓声。続く5番・太田の中前適時打で二塁から巨体を揺らして生還し、この日は3打数1安打。

 中日、横浜などで活躍した評論家の門倉健氏がこう言う。

「札幌ドームのデビュー戦で打つんだから大したもの。ただ、この日の台湾チームの投手レベルはお世辞にも高いとは言えない。左投手とはいえ、打ったのは真ん中寄りの136キロの直球。開幕までに各チームの2本柱、3本柱といわれる一線級の投手にどう対応するか。ポイントは、平均140キロ台後半の直球と球威がある投手の低めの変化球への対応です。新外国人の打者を見る時、これができるかできないかで、日本球界での適応力がだいたい分かるといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る