日ハム清宮 136キロを打っても「開幕はまだ早い」のワケ

公開日:

 また打った。日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎(18=早実)が1日、本拠地・札幌ドームで行われた台湾ラミゴとの交流試合で2日連続の二塁打を放った。

 この日はスタメンから外れたものの、四回表の守備から中田に代わり、「4番・一塁」で途中出場。五回裏2死走者なしから、相手左腕の真ん中の直球を捉えると、打球は中堅フェンスに直撃する二塁打となった。黄金ルーキーの本塁打性の一打に本拠地は大歓声。続く5番・太田の中前適時打で二塁から巨体を揺らして生還し、この日は3打数1安打。

 中日、横浜などで活躍した評論家の門倉健氏がこう言う。

「札幌ドームのデビュー戦で打つんだから大したもの。ただ、この日の台湾チームの投手レベルはお世辞にも高いとは言えない。左投手とはいえ、打ったのは真ん中寄りの136キロの直球。開幕までに各チームの2本柱、3本柱といわれる一線級の投手にどう対応するか。ポイントは、平均140キロ台後半の直球と球威がある投手の低めの変化球への対応です。新外国人の打者を見る時、これができるかできないかで、日本球界での適応力がだいたい分かるといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る