• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来日早々スタジアムへ ハリル異例の3日連続J視察の理由

 異例の3連発だった。

 昨年暮れにフランス・リールの自宅に戻った日本代表のハリルホジッチ監督は、就任以来初めて2カ月以上もの長期休暇を消化し、今月2日に来日した。

 すると指揮官は旅装を解く間もなく、その足で等々力に向かって川崎―湘南戦を視察。3日は茨城・鹿嶋市に足を延ばして鹿島―G大阪戦、4日には浦和―広島戦(埼スタ)と立て続けに視察した。これまでには見られなかった「積極果敢なスタジアム行脚」である。

 それもこれも「代表守備陣を統率するCBのレギュラーである吉田麻也(英プレミア・サウサンプトン)がケガで戦線離脱中。最悪の事態を想定してJリーグでプレーする代表級CBの調子を確認したかった」(マスコミ関係者)からだ。

「川崎DF谷口は昨季チーム唯一のフル出場。昨季7ゴールとセットプレーからの得点力の高さが魅力。鹿島DF昌子と植田は一緒にプレーしている分、いざとなったら2人セットで使えばコンビネーション的には問題ない。G大阪DF三浦は正確なロングフィードが持ち味です。浦和DF槙野は、そもそもハリルのお気に入り。対人の強さにスピード、ムードメーカーとしても高く評価している」(前出の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る