来日早々スタジアムへ ハリル異例の3日連続J視察の理由

公開日:  更新日:

 異例の3連発だった。

 昨年暮れにフランス・リールの自宅に戻った日本代表のハリルホジッチ監督は、就任以来初めて2カ月以上もの長期休暇を消化し、今月2日に来日した。

 すると指揮官は旅装を解く間もなく、その足で等々力に向かって川崎―湘南戦を視察。3日は茨城・鹿嶋市に足を延ばして鹿島―G大阪戦、4日には浦和―広島戦(埼スタ)と立て続けに視察した。これまでには見られなかった「積極果敢なスタジアム行脚」である。

 それもこれも「代表守備陣を統率するCBのレギュラーである吉田麻也(英プレミア・サウサンプトン)がケガで戦線離脱中。最悪の事態を想定してJリーグでプレーする代表級CBの調子を確認したかった」(マスコミ関係者)からだ。

「川崎DF谷口は昨季チーム唯一のフル出場。昨季7ゴールとセットプレーからの得点力の高さが魅力。鹿島DF昌子と植田は一緒にプレーしている分、いざとなったら2人セットで使えばコンビネーション的には問題ない。G大阪DF三浦は正確なロングフィードが持ち味です。浦和DF槙野は、そもそもハリルのお気に入り。対人の強さにスピード、ムードメーカーとしても高く評価している」(前出の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る