名伯楽揃いでも…ヤクルトの課題は選手の「消化能力」

公開日:

「みんな、オープン戦のつもりで戦っていない」

 ヤクルトの宮本ヘッドコーチが満足そうにこう言った。7―6でソフトバンクに勝利した18日のオープン戦。投手陣がデスパイネに3本塁打を浴びながら、それでも乱打戦を制した。昨オフから徹底してきたスモールベースボールが機能しただけに、“鬼軍曹”の顔もほころんだ。

 初回の無死一塁で2番の山崎がいきなり犠打。確実に得点圏に走者を進めて相手投手にプレッシャーをかけると、3番・山田哲、4番・バレンティンに連続本塁打が飛び出し、3点を先制した。4点を奪って試合をひっくり返した七回の攻撃も、無死一、二塁から敢行したセーフティーバントがきっかけだった。

 昨年まで広島の機動力部門を担った河田外野守備走塁コーチは、得点にはつながらなかった六回の荒木の走塁をほめた。代走で出場した荒木が、相手バッテリーのミスにつけ込み、二塁から三塁を陥れた場面を「完璧だったね。あれは、準備をしていないとできないプレー。他の選手にも見習って欲しい。(試合後の)ミーティングでみんなの前でほめました」とこちらも満足げだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る