名伯楽揃いでも…ヤクルトの課題は選手の「消化能力」

公開日:

「みんな、オープン戦のつもりで戦っていない」

 ヤクルトの宮本ヘッドコーチが満足そうにこう言った。7―6でソフトバンクに勝利した18日のオープン戦。投手陣がデスパイネに3本塁打を浴びながら、それでも乱打戦を制した。昨オフから徹底してきたスモールベースボールが機能しただけに、“鬼軍曹”の顔もほころんだ。

 初回の無死一塁で2番の山崎がいきなり犠打。確実に得点圏に走者を進めて相手投手にプレッシャーをかけると、3番・山田哲、4番・バレンティンに連続本塁打が飛び出し、3点を先制した。4点を奪って試合をひっくり返した七回の攻撃も、無死一、二塁から敢行したセーフティーバントがきっかけだった。

 昨年まで広島の機動力部門を担った河田外野守備走塁コーチは、得点にはつながらなかった六回の荒木の走塁をほめた。代走で出場した荒木が、相手バッテリーのミスにつけ込み、二塁から三塁を陥れた場面を「完璧だったね。あれは、準備をしていないとできないプレー。他の選手にも見習って欲しい。(試合後の)ミーティングでみんなの前でほめました」とこちらも満足げだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る