「目星ついた」 ヤクルト青木は“7年前の打撃”へ回帰着々

公開日:  更新日:

 16日、ヤクルトの青木宣親(36)が広島とのオープン戦で7年ぶりの神宮凱旋を果たした。

 試合前に行われた「お帰りなさいセレモニー」で青木は「I’m NORI AOKI.I’m back! ここでスベるはずだったんですけど、意外に……」とメジャー帰りを意識した挨拶で1万4270人のファンを喜ばせた。

「4番・中堅」で出場し、2打数無安打だったが、「やろうとしたことができた。今日で目星はついたかな。それくらい内容は良かった」と手応えを掴んだ様子だった。

 青木の言う「目星」のひとつが日本野球への対応だろう。青木にとって「日本の野球」は2011年以来。古巣復帰が決まってキャンプに合流した直後は「アメリカナイズされているところもあって、日本のしきたりを少し忘れているかも」と冗談を飛ばしていたが、今は「ベースボール」から「野球」へシフトチェンジしている最中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る