• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GMは「起用法未定」 大谷翔平に開幕メジャー白紙の可能性

 移籍1年目での二刀流実現は、しばらくお預けか。エンゼルス・大谷翔平(23)の立場が危うくなってきたのである。

 大谷をめぐっては複数の米メディアが21日(日本時間22日)、「DHで開幕ロースター入り」と報道。開幕から当分はDHとして起用されると伝えられた。

 エンゼルスのエプラーGMは22日、一連の報道を否定し、「その情報は正しくない。われわれはまだ具体的な起用法を決めたわけではない」と話した。

 大谷はここまでの実戦で、野手として10試合に出場し、28打数3安打の打率1割7厘。投手としては4試合(計8回3分の1)にマウンドに上がり、18安打17失点で防御率16・20。メジャーの滑るボールや、相手投手の変化球への対応に苦戦している。

 ソーシア監督は結果が出ない大谷に関して「打席に立つごとに良くなっている」としているものの「まだ、開幕ロースターに入れるのか、外すのかを決めるのは早計だ」と言葉を濁している。

 大谷は、24日にキャンプ地アリゾナで最後の実戦に登板する予定。26日のドジャース戦ではDHとして出場する見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る