• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不振のロサリオ 真面目な性格とチーム愛が虎のアダになる

 それは必ずしもプラスになることばかりではない。

 阪神は前日のDeNA戦に続き、21日のロッテ戦も雨天中止。開幕4番が決まっている新助っ人ロサリオ(29)のバットは湿ったままだ。

 韓国では2年連続3割2分、33本、110打点以上を記録した大砲も、オープン戦は26打数4安打(.154)。長打は本塁打1本で金本監督も少々不安なようだ。

 あるOBが言う。

「日本の投手は制球がよく、外へ逃げるスライダーを武器にしている者が多い。外角球の見極めがポイントになると思うが、真面目な性格も懸念材料のひとつだろう。ロサリオはここまでスタメン出場すれば3打席以上は立ち、韓国時代と同様に配球の研究をしている。この手の外国人選手は真面目で頭がいい半面、データ重視で頭でっかちになりがち。オープン戦を見ていると、外角のカットボールやスライダーを意識し過ぎるあまり、簡単に料理されている点は気になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事