• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どこまで身勝手…貴乃花親方またも“2分でトンズラ”の怠慢

 この日もあっという間に去って行った。

 大相撲3月場所を初日から欠勤していた貴乃花親方(45)が16日、2日連続で出勤。が、“仕事場”の役員室に入ってからわずか2分40秒ほどで退室した前日に続き、2分に満たない滞在で会場を後にした。

 場所が始まる直前に、相撲協会を糾弾する告発状を内閣府に提出した貴乃花親方は、初日を無断欠勤。その後、2度にわたって「(暴行事件で被害を受けた)貴ノ岩の容体が心配で、医師と連絡を取り合う必要がある。会場に常時滞在は難しい」とするFAXを協会サイドに送ったものの、欠勤理由にならないと突っぱねられていた。

 そこで、会場に姿を現すようになったものの、「2分でトンズラ」じゃケンカを売るためだけに来ているようなもの。貴乃花親方は1月に理事を解任され、役員待遇委員に降格した。それでも、月額103万2000円もの報酬を協会から得ている。

 一連の言動に彼なりの大義、信念があるとしても、“気に食わない協会の連中とは話はしない、仕事もしない、でも、給料だけはもらいます”というのは、余りに虫がよすぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る