• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

弟子の暴行事件で土俵際 貴乃花親方は告発状取り下げ窮地

 弟子の貴公俊(20)が付け人を殴ったことにより、窮地に立たされている貴乃花親方(45)。報道陣の取材には、「一連の私の行動で負担をかけていたのかな、と……。貴公俊がこんなことを起こしてしまったということで、(自身の行動による)影響があってもおかしくない」と、これまでの傲岸不遜な態度とは打って変わって殊勝に話している。

 貴乃花親方が口にした「一連の私の行動」とは、昨年の日馬富士暴行事件から続いている、相撲協会との対立だ。

 事件に関する聴取を拒み、協会からの電話に出ることすら拒否。自身に友好的な一部スポーツ紙や週刊誌、テレビを使い、これでもかとばかりに一方的な協会批判を展開した。

 さらには内閣府に告発状を提出するなど、全面戦争を仕掛けている。

 こうした親方の言動が貴公俊ら弟子たちに与えた影響は、確かに少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る