貴乃花親方には致命傷に…貴公俊“付け人殴打流血”の衝撃

公開日:

 18日、相撲協会が2件の新たな暴力事件を発表した。

 ひとつは峰崎部屋で、昨年9月から今年1月にかけて兄弟子が弟弟子を殴ったというもの。すでに弟弟子は引退したが、示談となっている。

 衝撃的だったのは、もうひとつの方だ。貴乃花部屋の貴公俊(20)がこの日、付け人を殴り、流血させていたことが発覚したのである。

「貴公俊が土俵下の控えに遅れて入ったのが発端です。新十両だけに、幕下時代とは勝手が違い、戸惑っていたのでしょう。付け人が指示するタイミングも悪かったそうで、慌てて駆け足で控えに入ったが、審判委員の境川親方に怒られた。直後の取組で負けたこともあってか、腹いせに支度部屋の裏で付け人を数発殴った。付け人は口の中を切って流血し、床には血痕が生々しく残っていた。ちょっと小突いた、というレベルではないでしょう」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る