貴乃花親方には致命傷に…貴公俊“付け人殴打流血”の衝撃

公開日: 更新日:

 18日、相撲協会が2件の新たな暴力事件を発表した。

 ひとつは峰崎部屋で、昨年9月から今年1月にかけて兄弟子が弟弟子を殴ったというもの。すでに弟弟子は引退したが、示談となっている。

 衝撃的だったのは、もうひとつの方だ。貴乃花部屋の貴公俊(20)がこの日、付け人を殴り、流血させていたことが発覚したのである。

「貴公俊が土俵下の控えに遅れて入ったのが発端です。新十両だけに、幕下時代とは勝手が違い、戸惑っていたのでしょう。付け人が指示するタイミングも悪かったそうで、慌てて駆け足で控えに入ったが、審判委員の境川親方に怒られた。直後の取組で負けたこともあってか、腹いせに支度部屋の裏で付け人を数発殴った。付け人は口の中を切って流血し、床には血痕が生々しく残っていた。ちょっと小突いた、というレベルではないでしょう」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る