5年ぶりオープン戦優勝も…G由伸監督が喜べない2つの理由

公開日:

 いや、由伸監督だって素直には喜べまい。

 25日の楽天戦を逆転でモノにし、この日で全日程が終了したオープン戦の勝率1位が確定した巨人。2点を追う七回2死満塁で好調を維持する期待の岡本が同点適時打を放ち、1イニングを3人で片づけた上原には“日本球界復帰初白星”のオマケもついた。開幕に向けて弾みがつく内容だと書くスポーツマスコミは、「巨人のオープン戦Vは2013年以来5年ぶり。前回はシーズンでも2位の阪神に12・5ゲーム差をつけて優勝している」とV奪回に向けて視界良好だとか吉兆だとか持ち上げているが、果たしてそうなのか。

 この日も二塁の吉川尚に送球ミスが出るなど、巨人はオープン戦17試合で12球団最多の19失策を記録(最少はロッテの3失策)。昨季、チーム打率・249の貧打に泣いた巨人は、今春のキャンプで例年の3倍以上の時間を打撃練習に割いた。これで、守備がおろそかになったわけじゃないだろうが、村田ヘッドコーチが「守備コーチとオレの胃に穴が開くわ」と頭を抱える守乱を露呈。それでも、打撃偏重練習の成果が出ればまだ救いはあるものの、オープン戦のチーム打率は・223とこちらも12球団ワーストときては、首脳陣はスポーツ紙のように楽観的にはなれないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る