• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5年ぶりオープン戦優勝も…G由伸監督が喜べない2つの理由

 いや、由伸監督だって素直には喜べまい。

 25日の楽天戦を逆転でモノにし、この日で全日程が終了したオープン戦の勝率1位が確定した巨人。2点を追う七回2死満塁で好調を維持する期待の岡本が同点適時打を放ち、1イニングを3人で片づけた上原には“日本球界復帰初白星”のオマケもついた。開幕に向けて弾みがつく内容だと書くスポーツマスコミは、「巨人のオープン戦Vは2013年以来5年ぶり。前回はシーズンでも2位の阪神に12・5ゲーム差をつけて優勝している」とV奪回に向けて視界良好だとか吉兆だとか持ち上げているが、果たしてそうなのか。

 この日も二塁の吉川尚に送球ミスが出るなど、巨人はオープン戦17試合で12球団最多の19失策を記録(最少はロッテの3失策)。昨季、チーム打率・249の貧打に泣いた巨人は、今春のキャンプで例年の3倍以上の時間を打撃練習に割いた。これで、守備がおろそかになったわけじゃないだろうが、村田ヘッドコーチが「守備コーチとオレの胃に穴が開くわ」と頭を抱える守乱を露呈。それでも、打撃偏重練習の成果が出ればまだ救いはあるものの、オープン戦のチーム打率は・223とこちらも12球団ワーストときては、首脳陣はスポーツ紙のように楽観的にはなれないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る