2打席連続で本塁打も 巨人ゲレーロに他球団「余裕」のワケ

公開日:

 それでもなぜか、他球団には余裕がある。

 巨人のアレックス・ゲレーロ(31)が14日のソフトバンク戦で2打席連続本塁打。初回2死三塁の場面で初球を左翼テラス席に運ぶと、四回にはカーブを左手一本で左翼スタンド中段にぶち込んだ。これでオープン戦は、12球団トップタイとなる4号。打率も.333まで上げてきたが、ライバル球団のスコアラーは「それほど脅威には感じていない」と言うのである。

「1本目は真ん中外寄りのストレート。2本目は外角低めのカーブです。甘い球を確実に仕留めたのはさすがですが、ゲレーロの弱点はもうハッキリしている。内角高めの直球がそれで、145キロ以上という条件がつくものの、ピッチャーが投げミスさえしなければ、少なくとも長打はかなりの確率で抑えられる。狭い東京ドームが本拠地になってもです。各球団の共通認識だと思う」(セ球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る