2打席連続で本塁打も 巨人ゲレーロに他球団「余裕」のワケ

公開日: 更新日:

 それでもなぜか、他球団には余裕がある。

 巨人のアレックス・ゲレーロ(31)が14日のソフトバンク戦で2打席連続本塁打。初回2死三塁の場面で初球を左翼テラス席に運ぶと、四回にはカーブを左手一本で左翼スタンド中段にぶち込んだ。これでオープン戦は、12球団トップタイとなる4号。打率も.333まで上げてきたが、ライバル球団のスコアラーは「それほど脅威には感じていない」と言うのである。

「1本目は真ん中外寄りのストレート。2本目は外角低めのカーブです。甘い球を確実に仕留めたのはさすがですが、ゲレーロの弱点はもうハッキリしている。内角高めの直球がそれで、145キロ以上という条件がつくものの、ピッチャーが投げミスさえしなければ、少なくとも長打はかなりの確率で抑えられる。狭い東京ドームが本拠地になってもです。各球団の共通認識だと思う」(セ球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る