識者に聞く リランキング導入で女子ツアーは活性化するか

公開日: 更新日:

【ダイキンオーキッドレディス】

 大会主催者と所属契約を結ぶ諸見里しのぶ(31)が、4バーディー、1ボギーの69で回り、首位と2打差5位タイと久々の好発進だった。

「いいスタートが切れたので、明日以降改めて気を引き締めて臨みたい。
地元であり、ホステスプロでもあり、本当に頑張りたい気持ちが強い。今年は推薦で出場しているので、その思いはさらに強くなっている」

 アマ時代から活躍した諸見里のプロデビューは鮮烈だった。

 プロテスト合格の2005年は出場した3試合すべてがトップ5に入り、賞金ランク48位で、いきなり初シードを獲得。

 12年まで8年連続シードを保持し、6勝を挙げた09年は自身最高の賞金ランク2位になった。

 米ツアーにも挑戦したが、肋骨のケガや持病のアレルギーによるコンディション不良からゴルフは低迷。一時、げっそり痩せて16年は獲得賞金ゼロ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る