チャリティー縮小も集金強化 “強欲”女子プロ協会の行く末

公開日:  更新日:

【ヨコハマタイヤPRGRレディス】

 アン・ソンジュ(30)が鈴木愛(23)とのプレーオフを1ホール目のバーディーで制し、ツアー通算24勝目を挙げた。これで開幕戦から2戦続けて韓国人プロが優勝した。

 最終日はちょうど東日本大震災発生から7年を迎え、スタート前の7時15分に選手や協会スタッフが黙とうをささげた。

「ただ日本女子プロゴルフ協会のホームページにあった“心をひとつに 東日本大震災復興支援”と“熊本地震復興支援”のバナーがいつのまにか消えて、昨年暮れに義援金の受け付けがひっそり終了していたのです」(ツアー関係者)

 それなりに評価された活動だったが、大震災からまだ10年も経っていないのに、協会のチャリティー活動は縮小していたのだ。

「被災したすべての人に寄り添い、いつまでも忘れない気持ちがあるのなら、選手に喪章をつけてプレーさせてもよかった。樋口久子前会長時代には、腰に喪章をつけた選手に樋口さんが“胸から上につけなければ失礼になる”と一人一人注意していた。その時に比べて協会の社会貢献活動がおろそかになってきたように思われます」(前出のツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る