チャリティー縮小も集金強化 “強欲”女子プロ協会の行く末

公開日: 更新日:

【ヨコハマタイヤPRGRレディス】

 アン・ソンジュ(30)が鈴木愛(23)とのプレーオフを1ホール目のバーディーで制し、ツアー通算24勝目を挙げた。これで開幕戦から2戦続けて韓国人プロが優勝した。

 最終日はちょうど東日本大震災発生から7年を迎え、スタート前の7時15分に選手や協会スタッフが黙とうをささげた。

「ただ日本女子プロゴルフ協会のホームページにあった“心をひとつに 東日本大震災復興支援”と“熊本地震復興支援”のバナーがいつのまにか消えて、昨年暮れに義援金の受け付けがひっそり終了していたのです」(ツアー関係者)

 それなりに評価された活動だったが、大震災からまだ10年も経っていないのに、協会のチャリティー活動は縮小していたのだ。

「被災したすべての人に寄り添い、いつまでも忘れない気持ちがあるのなら、選手に喪章をつけてプレーさせてもよかった。樋口久子前会長時代には、腰に喪章をつけた選手に樋口さんが“胸から上につけなければ失礼になる”と一人一人注意していた。その時に比べて協会の社会貢献活動がおろそかになってきたように思われます」(前出のツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る