初日首位の永井花奈は“師匠の父親”がうまくいくケース

公開日:

【ヤマハレディース 初日】

 11番パー3(146ヤード)でホールインワンを達成した永井花奈(20)が68で回り、初日首位に立った。

 女子プロには師匠が父親というケースが多く、永井もそうだ。だが、ゴルフのうまい父親はジュニア時代なら指導できても、プロになったら限界があると指摘する関係者は多い。しょせんアマチュアであり、師弟とはいえ親子なら甘えも出てくる。娘が成長して強くなれば父親に反発したり、父親のレッスンレベルを越えたらかみ合わなくなる。またスランプに陥ればプロの世界を経験していない父親には、立ち直らせるノウハウがないからだ。

 永井のアマ時代に試合でキャディーバッグを担いだ小野寺誠プロがこう話す。

「花奈ちゃんのお父さんの指導は昔も今も、ものすごく厳しい。ただ、ゴルフがうまい父親にありがちな自分のゴルフ理論を押し付けてストレスを与えることはない。本人に何が一番大事なのか、じっくり会話しながら気付かせるタイミングが絶妙です。花奈ちゃんもお父さんを信頼しており、強くなるためにもっと厳しくしてもらいたいと言うなど、師弟関係のバランスがものすごくいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る