• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初日首位の永井花奈は“師匠の父親”がうまくいくケース

【ヤマハレディース 初日】

 11番パー3(146ヤード)でホールインワンを達成した永井花奈(20)が68で回り、初日首位に立った。

 女子プロには師匠が父親というケースが多く、永井もそうだ。だが、ゴルフのうまい父親はジュニア時代なら指導できても、プロになったら限界があると指摘する関係者は多い。しょせんアマチュアであり、師弟とはいえ親子なら甘えも出てくる。娘が成長して強くなれば父親に反発したり、父親のレッスンレベルを越えたらかみ合わなくなる。またスランプに陥ればプロの世界を経験していない父親には、立ち直らせるノウハウがないからだ。

 永井のアマ時代に試合でキャディーバッグを担いだ小野寺誠プロがこう話す。

「花奈ちゃんのお父さんの指導は昔も今も、ものすごく厳しい。ただ、ゴルフがうまい父親にありがちな自分のゴルフ理論を押し付けてストレスを与えることはない。本人に何が一番大事なのか、じっくり会話しながら気付かせるタイミングが絶妙です。花奈ちゃんもお父さんを信頼しており、強くなるためにもっと厳しくしてもらいたいと言うなど、師弟関係のバランスがものすごくいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る