優勝争いにも絡めず…日本人プロはなぜ最終日に伸び悩む

公開日: 更新日:

【メイバンク選手権】

 アジアンツアーと欧州ツアーとの共催で行われた今大会。最終日は石川遼(26)と谷原秀人(39)の2人が、首位と2打差5位タイ発進と優勝に絶好のポジションにつけていた。ところが、ともに69の通算16アンダーで終わり、順位は変わらなかった。

 初日2オーバー132位と大きく出遅れた石川は、2日目66(63位)、3日目63を出して順位を大きく上げた。

 しかし、最終日にはもう余力が残っていなかったのかもしれない。

 勝ったシュバンカル・シャルマ(21=インド)は通算11アンダー19位タイ発進。最終組よりも1時間も早くスタートして、10バーディー、ノーボギーの62と爆発。昨年12月のヨハネスブルクオープンに次いで2勝目を挙げた。


 今大会は日本勢が日替わりで上位によく顔を出した。初日は片岡大育(29)が12位タイ発進。2日目には池田勇太(32)がトップと1打差3位タイに浮上。そして石川、谷原と続いたのだが、終わってみれば誰一人として優勝争いに絡めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る