優勝争いにも絡めず…日本人プロはなぜ最終日に伸び悩む

公開日: 更新日:

【メイバンク選手権】

 アジアンツアーと欧州ツアーとの共催で行われた今大会。最終日は石川遼(26)と谷原秀人(39)の2人が、首位と2打差5位タイ発進と優勝に絶好のポジションにつけていた。ところが、ともに69の通算16アンダーで終わり、順位は変わらなかった。

 初日2オーバー132位と大きく出遅れた石川は、2日目66(63位)、3日目63を出して順位を大きく上げた。

 しかし、最終日にはもう余力が残っていなかったのかもしれない。

 勝ったシュバンカル・シャルマ(21=インド)は通算11アンダー19位タイ発進。最終組よりも1時間も早くスタートして、10バーディー、ノーボギーの62と爆発。昨年12月のヨハネスブルクオープンに次いで2勝目を挙げた。


 今大会は日本勢が日替わりで上位によく顔を出した。初日は片岡大育(29)が12位タイ発進。2日目には池田勇太(32)がトップと1打差3位タイに浮上。そして石川、谷原と続いたのだが、終わってみれば誰一人として優勝争いに絡めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る