藤浪を開幕2戦目に“前倒し起用” 阪神・金本監督の胸の内

公開日:

 結果がよければ、確かに大きな1勝になるが……。

 巨人との開幕戦で福留、大山の本塁打など、13安打5得点と打線が爆発し先発菅野を攻略。巨人との開幕戦では2004年以来14年ぶりの白星をあげた阪神の金本監督は27日、悩んでいた開幕2戦目の先発を藤浪晋太郎(23)に託す。

 当初は、相性がいい開幕2カード目のDeNA戦に登板させるとみられていたが、「どうなるか分からないという不安定な部分はあるが、責任のあるところで力を発揮しなさいということ。チームの今後と彼の今後を見据え、開幕2戦目にした」と、指揮官は藤浪起用の意図を語った。

 藤浪は昨年4月、ヤクルト畠山への頭部死球から制球難がひどくなり、当てる恐怖心から右打者の内角を攻められなくなった。突然死球を連発する「持病」も改善されず、二軍落ちも経験。3勝止まりで期待を裏切った。今季に復活を懸ける右腕で、宿敵相手の開幕2戦目をモノにできれば、本人はもちろん、チームにとっても大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る