藤浪を開幕2戦目に“前倒し起用” 阪神・金本監督の胸の内

公開日: 更新日:

 結果がよければ、確かに大きな1勝になるが……。

 巨人との開幕戦で福留、大山の本塁打など、13安打5得点と打線が爆発し先発菅野を攻略。巨人との開幕戦では2004年以来14年ぶりの白星をあげた阪神の金本監督は27日、悩んでいた開幕2戦目の先発を藤浪晋太郎(23)に託す。

 当初は、相性がいい開幕2カード目のDeNA戦に登板させるとみられていたが、「どうなるか分からないという不安定な部分はあるが、責任のあるところで力を発揮しなさいということ。チームの今後と彼の今後を見据え、開幕2戦目にした」と、指揮官は藤浪起用の意図を語った。

 藤浪は昨年4月、ヤクルト畠山への頭部死球から制球難がひどくなり、当てる恐怖心から右打者の内角を攻められなくなった。突然死球を連発する「持病」も改善されず、二軍落ちも経験。3勝止まりで期待を裏切った。今季に復活を懸ける右腕で、宿敵相手の開幕2戦目をモノにできれば、本人はもちろん、チームにとっても大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る