食育改革に3000万円 ジリ貧ヤクルトが狙うは最下位脱出

公開日: 更新日:

 球団史上最多96敗、ケガ人続出――。

 DeNAとの今季開幕戦に7対3で勝利したヤクルトだが、昨季はドン底まで落ち、首脳陣や練習内容を刷新。それと同時に、食事環境もガラリと変えた。

「タイガースやカープの選手とは体の厚みが違う。まずそこからスタート」

 宮本慎也ヘッドコーチは就任早々、選手に肉体改造を指示。秋季キャンプでは若手選手へ「茶碗3杯完食」をノルマに課した。

 シーズンを通して肉体を維持するため、神宮球場横に位置するクラブハウス内のリフォームにも着手した。春季キャンプ期間中、約1カ月間かけてキッチンスペースを以前の2倍に拡大。建て増しができないため、これまで更衣室として使っていたスペースを潰しての大規模工事となった。

 これまでは神宮球場近くのレストランで作られたケータリングを運び入れていたが、巨人が利用する業者へ変更し、メニューは栄養士が考えたものに。クラブハウスではいつでも温かい食事が食べられるよう、シェフも3~4人が常駐。練習後、食事を取ってから帰宅する「メジャースタイル」にチェンジした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る