• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトBで囁かれるサファテ「3年20億円超契約」の反動

 リーグ連覇はこの男にかかっている。昨季、日本新記録となる54セーブをマーク、MVPも獲得した助っ人守護神のサファテ(36)である。

 今季で3年契約が切れるとはいえ、今月には来季から3年総額20億円超といわれる破格契約を結んだ。異例の早期合意は、今季中にもFA権を取得することも影響している一方、家族の存在も見え隠れする。

 サファテは昨年5月、妻・ジェイダさんの体調不良のため、米アリゾナの自宅に10日間ほど一時帰宅している。あるホークスOBが言う。

「今年はキャンプも免除された。心身の疲労回復だけでなく、今も奥さんの体調が万全でないこともあり、家族と一緒に過ごす時間をより多く取ってほしいと球団は考えたようです。昨年は家族のことを思うがあまり、引退すら考えたという。球団が破格の契約を提示したのは、実績、貢献度も含め、サファテに対しての相当な配慮がうかがえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事