松坂に忖度する中日幹部 「月1登板」はむしろ逆効果の声

公開日:  更新日:

 チームの開幕戦以上に注目が集まる松坂大輔(37)の初登板Xデー。

 今月中旬には本拠地ナゴヤドームでの開幕カード2戦目(4月4日の巨人戦)の内定が報じられた。しかし、その後は情報が錯綜。オープン戦最後の登板となった25日のロッテ戦から中10日を空けた「4月5日説」や、昨季中日が15勝10敗と相性の良かったヤクルト戦に当てる「4月10日説」も浮上している。

 それもこれも、周囲が松坂の右肩の状態に気をもみ、「怪物」の復活に気を使い過ぎているからだ。現に松坂がロッテ戦で5回93球を投じると、森監督は「回復力がどうか」と心配。西武時代からの兄貴分にあたる中日の編成担当、デニー友利氏もキャンプから「飛ばし過ぎて逆戻りすることだけは避けたい。できるからこそ若い頃と同じことをしようとしたらいけないので、周りが止めないと」と慎重な姿勢を崩さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る