松坂に忖度する中日幹部 「月1登板」はむしろ逆効果の声

公開日: 更新日:

 チームの開幕戦以上に注目が集まる松坂大輔(37)の初登板Xデー。

 今月中旬には本拠地ナゴヤドームでの開幕カード2戦目(4月4日の巨人戦)の内定が報じられた。しかし、その後は情報が錯綜。オープン戦最後の登板となった25日のロッテ戦から中10日を空けた「4月5日説」や、昨季中日が15勝10敗と相性の良かったヤクルト戦に当てる「4月10日説」も浮上している。

 それもこれも、周囲が松坂の右肩の状態に気をもみ、「怪物」の復活に気を使い過ぎているからだ。現に松坂がロッテ戦で5回93球を投じると、森監督は「回復力がどうか」と心配。西武時代からの兄貴分にあたる中日の編成担当、デニー友利氏もキャンプから「飛ばし過ぎて逆戻りすることだけは避けたい。できるからこそ若い頃と同じことをしようとしたらいけないので、周りが止めないと」と慎重な姿勢を崩さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る