松坂に忖度する中日幹部 「月1登板」はむしろ逆効果の声

公開日:  更新日:

 チームの開幕戦以上に注目が集まる松坂大輔(37)の初登板Xデー。

 今月中旬には本拠地ナゴヤドームでの開幕カード2戦目(4月4日の巨人戦)の内定が報じられた。しかし、その後は情報が錯綜。オープン戦最後の登板となった25日のロッテ戦から中10日を空けた「4月5日説」や、昨季中日が15勝10敗と相性の良かったヤクルト戦に当てる「4月10日説」も浮上している。

 それもこれも、周囲が松坂の右肩の状態に気をもみ、「怪物」の復活に気を使い過ぎているからだ。現に松坂がロッテ戦で5回93球を投じると、森監督は「回復力がどうか」と心配。西武時代からの兄貴分にあたる中日の編成担当、デニー友利氏もキャンプから「飛ばし過ぎて逆戻りすることだけは避けたい。できるからこそ若い頃と同じことをしようとしたらいけないので、周りが止めないと」と慎重な姿勢を崩さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る