権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

権藤博氏が大谷に進言 強打者に「高め厳禁」の常識捨てろ

公開日:

 先日、アメリカに行ってエンゼルスの大谷翔平(23)に会ってきた。

 開幕ローテ入りは決まったが、オープン戦では投打ともに結果が出なかった。私が渡米翌日に球場で見た現地16日のロッキーズ戦の投球も散々。2本の本塁打を浴び、7安打7失点で二回途中に降板させられるという、なんともまあ、派手なやられっぷりだった。

 が、本人の表情は明るかった。投手としての調子が上がらないのはやはり、ボールとマウンドの違いが原因だろう。メジャー公認球は日本のそれに比べて滑りやすく、マウンドは傾斜がきつく硬い。球が手に馴染まず、踏み出す左足の踏ん張りが利かないから、制球が安定しない。特に変化球を思うように操れず、私が見た試合でも引っかけたり、抜けたり、叩きつけたりと苦労していた。

 変化球が決まらなければ、ストレート一本狙いでいいのだから、相手打者はラクなものである。いくら、大谷が160キロ前後の快速球を持っていたところで、みえみえの真っすぐでは、パワー自慢の向こうの打者にはそうそう通用しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る