権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

権藤博氏が大谷に進言 強打者に「高め厳禁」の常識捨てろ

公開日:

 先日、アメリカに行ってエンゼルスの大谷翔平(23)に会ってきた。

 開幕ローテ入りは決まったが、オープン戦では投打ともに結果が出なかった。私が渡米翌日に球場で見た現地16日のロッキーズ戦の投球も散々。2本の本塁打を浴び、7安打7失点で二回途中に降板させられるという、なんともまあ、派手なやられっぷりだった。

 が、本人の表情は明るかった。投手としての調子が上がらないのはやはり、ボールとマウンドの違いが原因だろう。メジャー公認球は日本のそれに比べて滑りやすく、マウンドは傾斜がきつく硬い。球が手に馴染まず、踏み出す左足の踏ん張りが利かないから、制球が安定しない。特に変化球を思うように操れず、私が見た試合でも引っかけたり、抜けたり、叩きつけたりと苦労していた。

 変化球が決まらなければ、ストレート一本狙いでいいのだから、相手打者はラクなものである。いくら、大谷が160キロ前後の快速球を持っていたところで、みえみえの真っすぐでは、パワー自慢の向こうの打者にはそうそう通用しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る