• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人で猫かぶるゲレーロに古巣中日が仕掛ける“2つの罠”

 巨人の4番が狙われる――。昨季中日で35発を放ち、オフに2年総額8億円で巨人へ移籍したアレックス・ゲレーロ(31)である。

 昨季の本塁打王は開幕から第88代4番を務め、打率は.273。懸念された左翼の守備では好プレーを見せてチームに貢献しているものの、待望の本塁打はまだ出ていない。

 移籍が決まってから、中日の投手陣が次々と「インコース攻め」を宣言。守護神の田島は「特に打たれたらいけない打者。内角を嫌がっているのは見ている。そこに厳しく投げ込む」とキッパリ言っている。昨季の死球数はリーグトップの15。昨夏、苛立ったゲレーロが「次に死球になったら気をつけろ。もう我慢の限界だ」と報道陣に漏らし、相手投手に“警告”したこともある。乱闘になることはなかったが、古巣はそんなキレやすい性格を熟知。執拗な内角攻めで弱点を突くとともに、精神面を揺さぶるつもりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事