2戦8打点と覚醒も…巨人・岡本は“守備たらい回し”の可能性

公開日:  更新日:

 巨人の和製大砲がついに覚醒した。

 1日の阪神戦。2点を追う四回1死二、三塁から、岡本和真(21)が左越えへ豪快に逆転3ランを叩き込み、「外野フライでも1点。高めを思い切り振ろうと打席に入った」と笑顔を見せた。

 前日の2戦目にも今季1号の3ランを放ち4安打5打点。開幕3試合で11打数5安打8打点2本塁打、打率.455の大活躍に、高橋由伸監督(42)も「勝負強いというか、見事な本塁打」と目を細めた。

 開幕カードは「6番・一塁」で出場した。だが、このまま一塁のレギュラーを確保できるかといえば、そんな簡単な話ではないらしい。由伸監督は「岡本は打ってくれさえすれば、守備位置はこっちで考える」と繰り返している。問題は「ポジション」なのだ。さるチーム関係者がこう言う。

「5番のマギーが4タコ2三振。3試合で打率.083とブレーキで打線を分断している。昨季もオープン戦は絶不調だったが、開幕すると3割前後をキープしながらスタートを切り、最終的に打率リーグ2位の好成績を残した。首脳陣の信頼度は高いが、一方で周囲からは阿部を代打の切り札にしておくのはもったいないとの声もあり、三塁マギーと一塁阿部を併用するプランがある。この場合、どちらか出ない方のポジションに岡本が入る。一塁が阿部なら岡本は三塁。マギーの不振があまり長引くようなら、阿部が一塁、岡本が三塁で定着する可能性もある。マギーの三塁よりかなり守備力は落ちるものの、岡本の三塁はオープン戦でも試しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る