2戦8打点と覚醒も…巨人・岡本は“守備たらい回し”の可能性

公開日: 更新日:

 巨人の和製大砲がついに覚醒した。

 1日の阪神戦。2点を追う四回1死二、三塁から、岡本和真(21)が左越えへ豪快に逆転3ランを叩き込み、「外野フライでも1点。高めを思い切り振ろうと打席に入った」と笑顔を見せた。

 前日の2戦目にも今季1号の3ランを放ち4安打5打点。開幕3試合で11打数5安打8打点2本塁打、打率.455の大活躍に、高橋由伸監督(42)も「勝負強いというか、見事な本塁打」と目を細めた。

 開幕カードは「6番・一塁」で出場した。だが、このまま一塁のレギュラーを確保できるかといえば、そんな簡単な話ではないらしい。由伸監督は「岡本は打ってくれさえすれば、守備位置はこっちで考える」と繰り返している。問題は「ポジション」なのだ。さるチーム関係者がこう言う。

「5番のマギーが4タコ2三振。3試合で打率.083とブレーキで打線を分断している。昨季もオープン戦は絶不調だったが、開幕すると3割前後をキープしながらスタートを切り、最終的に打率リーグ2位の好成績を残した。首脳陣の信頼度は高いが、一方で周囲からは阿部を代打の切り札にしておくのはもったいないとの声もあり、三塁マギーと一塁阿部を併用するプランがある。この場合、どちらか出ない方のポジションに岡本が入る。一塁が阿部なら岡本は三塁。マギーの不振があまり長引くようなら、阿部が一塁、岡本が三塁で定着する可能性もある。マギーの三塁よりかなり守備力は落ちるものの、岡本の三塁はオープン戦でも試しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る