中田と戦う前に 日ハム清宮が蹴散らすべき二軍のライバル

公開日: 更新日:

 限局性腹膜炎による入院から1カ月。清宮幸太郎(18)が10日に行われた西武との二軍戦(メットライフ)に「5番・DH」で初出場。吉村GMも視察に訪れる中、注目の“プロ初打席”は空振り三振に終わった。

 二回1死。相手投手は社会人出身の3年目右腕・南川(26)。清宮は初球の140キロ中盤の外角速球を積極的に打ちにいくもファウル。3球目以降は変化球攻めに遭い、5球目の外角フォークにバットが空を切った。

 試合前に、「集中して声を出していきましょう!」と声出しをした清宮は、「結果は良くなかったけど、投手との間合いだったり自分の心持ちだったり、いろんなものを感じられたので良かった」と収穫を口にした。

 この日は1打席で交代したが、きょう11日は複数打席に立つ予定。今後は徐々に打席を増やして守備にも就き、一軍を目指すことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る