• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中田と戦う前に 日ハム清宮が蹴散らすべき二軍のライバル

 限局性腹膜炎による入院から1カ月。清宮幸太郎(18)が10日に行われた西武との二軍戦(メットライフ)に「5番・DH」で初出場。吉村GMも視察に訪れる中、注目の“プロ初打席”は空振り三振に終わった。

 二回1死。相手投手は社会人出身の3年目右腕・南川(26)。清宮は初球の140キロ中盤の外角速球を積極的に打ちにいくもファウル。3球目以降は変化球攻めに遭い、5球目の外角フォークにバットが空を切った。

 試合前に、「集中して声を出していきましょう!」と声出しをした清宮は、「結果は良くなかったけど、投手との間合いだったり自分の心持ちだったり、いろんなものを感じられたので良かった」と収穫を口にした。

 この日は1打席で交代したが、きょう11日は複数打席に立つ予定。今後は徐々に打席を増やして守備にも就き、一軍を目指すことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る