中田と戦う前に 日ハム清宮が蹴散らすべき二軍のライバル

公開日: 更新日:

 限局性腹膜炎による入院から1カ月。清宮幸太郎(18)が10日に行われた西武との二軍戦(メットライフ)に「5番・DH」で初出場。吉村GMも視察に訪れる中、注目の“プロ初打席”は空振り三振に終わった。

 二回1死。相手投手は社会人出身の3年目右腕・南川(26)。清宮は初球の140キロ中盤の外角速球を積極的に打ちにいくもファウル。3球目以降は変化球攻めに遭い、5球目の外角フォークにバットが空を切った。

 試合前に、「集中して声を出していきましょう!」と声出しをした清宮は、「結果は良くなかったけど、投手との間合いだったり自分の心持ちだったり、いろんなものを感じられたので良かった」と収穫を口にした。

 この日は1打席で交代したが、きょう11日は複数打席に立つ予定。今後は徐々に打席を増やして守備にも就き、一軍を目指すことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る