松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

エンゼルス大谷翔平の活躍は日本経済を押し下げる

公開日: 更新日:

 自殺者が減る! 4月5月は特にな。よかったじゃねえか、世界一自殺率の高い国の汚名返上。

 オレみてえな世捨て人さえ思うんだ。案外捨てたもんじゃねえぞ前を向け。給料上がらねえ、増税は続く、毎月ふんだくられても年金だってもらえるかどうか分からねえ。オリンピックだお祭りだ、騒いでるが懐は寂しい。

 でもな。頑張ってるじゃねえか翔平は。オレも頑張ろう! 寝不足で下がってくる上のまぶたをホチキスでとめて、仕事に精を出そうぜ、みんな!

 なに? 効率が上がらねえ?いいんだよ、残業すりゃ(タダで)。

 アベノメクソが旗振ってるのが、なに、眠くて見えねえ? 目ぇ開けろおまえたち!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る