“投低”ホークスは「いてまえ打線」で交流戦7度目V狙う

公開日: 更新日:

 千賀が8回1失点でハーラートップタイの6勝目を挙げて序盤戦を締めたものの、和田や武田を故障で欠く投手陣は頼りない。防御率はリーグ3位(3.67)で、直近10試合は50失点。それでも首位楽天に3.5ゲーム差の2位に踏みとどまっているのは、54発、230得点(ともにリーグ1位)の強力打線のおかげだ。この日も上林が3ランを含む3安打4打点と気を吐き、6試合連続の2ケタ安打で、好投する千賀に6点をプレゼントした。

 ソフトバンクは、交流戦に6度優勝している。セの投手はパに比べて総じてレベルが低く、攻撃陣は毎年上から目線で打席に向かうという。「昨年はサブメンバーの城所が首位打者(.415)でMVPに輝き周囲を驚かせたが、2013年以降、交流戦の打撃ベスト3にはチームの誰かしらが名を連ねている。松田、柳田が復調した今なら、セの投手相手から6、7点は取れるだけの力はある」というOBの力強い言葉は、弱体投手陣にとっては頼もしい限りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る