“投低”ホークスは「いてまえ打線」で交流戦7度目V狙う

公開日:

 千賀が8回1失点でハーラートップタイの6勝目を挙げて序盤戦を締めたものの、和田や武田を故障で欠く投手陣は頼りない。防御率はリーグ3位(3.67)で、直近10試合は50失点。それでも首位楽天に3.5ゲーム差の2位に踏みとどまっているのは、54発、230得点(ともにリーグ1位)の強力打線のおかげだ。この日も上林が3ランを含む3安打4打点と気を吐き、6試合連続の2ケタ安打で、好投する千賀に6点をプレゼントした。

 ソフトバンクは、交流戦に6度優勝している。セの投手はパに比べて総じてレベルが低く、攻撃陣は毎年上から目線で打席に向かうという。「昨年はサブメンバーの城所が首位打者(.415)でMVPに輝き周囲を驚かせたが、2013年以降、交流戦の打撃ベスト3にはチームの誰かしらが名を連ねている。松田、柳田が復調した今なら、セの投手相手から6、7点は取れるだけの力はある」というOBの力強い言葉は、弱体投手陣にとっては頼もしい限りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る