• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

確固たる根拠に乏しい勝負勘やセオリーはデータを阻害する

 メジャーでは今年6人の新監督が誕生した。ヤンキースのブーン監督、レッドソックスのコーラ監督、ナショナルズのマルティネス監督、メッツのキャラウェイ監督、フィリーズのキャプラー監督、タイガースのガーデンハイヤー監督だ。

 昨シーズンのヤンキースはジラルディ監督のもと、ワールドシリーズ進出まであと1勝というところまで行った。レッドソックスのファレル監督とナショナルズのベーカー監督は、チームを2年連続で地区優勝に導いた。それでも、チームは新しい年の指揮を彼らに任せることはなかった。実質的には更迭されたも同然である。

 コーラ監督は昨年、ワールドシリーズを制したアストロズのベンチコーチを務めた。マルティネス監督は2年前にワールドチャンピオンになったカブスのベンチコーチ。その年のワールドシリーズで敗れたインディアンスで投手コーチだったのがキャラウェイ監督。ドジャースの下部強化育成組織での仕事ぶりをフィリーズに評価されたのがキャプラー監督だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る