• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米移籍にも影響 西武・雄星は“ソフトB恐怖症”克服できず

 本人が話した通り、「何とかしのいだ」という投球だった。

 西武の菊池雄星(26)といえば、いまや球界を代表する左腕投手。昨季は16勝でリーグの最多勝に輝いた。しかし、今季がプロ9年目だというのに、ソフトバンクにだけは勝ったためしがない。

 ソフトバンクの本拠地、福岡で行われた7日のオープン戦でも、苦手意識がモロに出た。

 初回、先頭打者の今宮に四球を与えると、味方のエラーとヒットでいきなり無死満塁のピンチ。柳田には1球もストライクゾーンにボールが行かず、押し出し四球を与えてしまった。

 その後は三回まで投げて1失点に抑えたものの、要した球数は実に70球だった。昨季までのソフトバンクとの対戦成績は、0勝12敗、防御率5・62。オープン戦まで苦戦となれば、相当“重症”だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る