米移籍にも影響 西武・雄星は“ソフトB恐怖症”克服できず

公開日:

 本人が話した通り、「何とかしのいだ」という投球だった。

 西武の菊池雄星(26)といえば、いまや球界を代表する左腕投手。昨季は16勝でリーグの最多勝に輝いた。しかし、今季がプロ9年目だというのに、ソフトバンクにだけは勝ったためしがない。

 ソフトバンクの本拠地、福岡で行われた7日のオープン戦でも、苦手意識がモロに出た。

 初回、先頭打者の今宮に四球を与えると、味方のエラーとヒットでいきなり無死満塁のピンチ。柳田には1球もストライクゾーンにボールが行かず、押し出し四球を与えてしまった。

 その後は三回まで投げて1失点に抑えたものの、要した球数は実に70球だった。昨季までのソフトバンクとの対戦成績は、0勝12敗、防御率5・62。オープン戦まで苦戦となれば、相当“重症”だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る