• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初V永峰も2位菊地も 難コースの川奈でバーディー量産なぜ

【フジサンケイレディス】

「昔の女子プロはパー4の第2打がバンカー越えの時は、大きめの番手を持ってグリーンに止められず、よくオーバーした。今はユーティリティー(UT)を使い、高い弾道でグリーンに止まる。難しい川奈も風が吹かなければ、60台のスコアが簡単に出せる時代になった」

 こう語るのは、3日間現地で選手のプレーをつぶさに観察した石井明義プロだ。

 通算10アンダーで並んだ永峰咲希(22)と菊地絵理香(29)のプレーオフは、2ホール目に菊地が1・8メートルのパーパットを外し、永峰のツアー初優勝が決まった。

 その永峰は初日に65と爆発。最終日も66とスコアを大きく伸ばした。敗れた菊地も3日間とも60台(69・69・65)。最終日は63人中、16人が60台で回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る