優勝翌週に予選落ち…重永亜斗夢に欠けた“一流選手”の自覚

公開日: 更新日:

【パナソニックOP】

 昔は強いプロが毎週のように勝って、ツアーを大いに盛り上げた。3週連続優勝はG・マーシュ(1974年)、謝敏男(82年)、尾崎将司(88、94年)の3人。3試合連続になると青木功(86年)、尾崎将司(89、90、96年)、片山晋呉(2000年)がいる。

 72年にツアー制度を施行してから45年間で、3週連続か3戦連続Vの偉業を達成したプロは5人しかおらず、昔のプロばかり。ここ17年はゼロだ。それだけ突出した選手がいなくなり、男子ツアーが人気低迷に陥った大きな原因とも言える。

 前週の開幕戦でツアー初優勝を遂げた重永亜斗夢(29)は今大会、通算2オーバー83位で予選落ちだった。

「初優勝すると契約先、親戚、関係者からの祝福に携帯電話は鳴りっぱなしで、その応対に連日夜遅くまで振り回される。また自宅には花かごが次から次へと届き、対応に追われてヘトヘトになる。だから優勝した翌週の大会は、疲れて満足にプレーできないプロが最近は多い」(ツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る