優勝翌週に予選落ち…重永亜斗夢に欠けた“一流選手”の自覚

公開日:  更新日:

【パナソニックOP】

 昔は強いプロが毎週のように勝って、ツアーを大いに盛り上げた。3週連続優勝はG・マーシュ(1974年)、謝敏男(82年)、尾崎将司(88、94年)の3人。3試合連続になると青木功(86年)、尾崎将司(89、90、96年)、片山晋呉(2000年)がいる。

 72年にツアー制度を施行してから45年間で、3週連続か3戦連続Vの偉業を達成したプロは5人しかおらず、昔のプロばかり。ここ17年はゼロだ。それだけ突出した選手がいなくなり、男子ツアーが人気低迷に陥った大きな原因とも言える。

 前週の開幕戦でツアー初優勝を遂げた重永亜斗夢(29)は今大会、通算2オーバー83位で予選落ちだった。

「初優勝すると契約先、親戚、関係者からの祝福に携帯電話は鳴りっぱなしで、その応対に連日夜遅くまで振り回される。また自宅には花かごが次から次へと届き、対応に追われてヘトヘトになる。だから優勝した翌週の大会は、疲れて満足にプレーできないプロが最近は多い」(ツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る