優勝翌週に予選落ち…重永亜斗夢に欠けた“一流選手”の自覚

公開日: 更新日:

【パナソニックOP】

 昔は強いプロが毎週のように勝って、ツアーを大いに盛り上げた。3週連続優勝はG・マーシュ(1974年)、謝敏男(82年)、尾崎将司(88、94年)の3人。3試合連続になると青木功(86年)、尾崎将司(89、90、96年)、片山晋呉(2000年)がいる。

 72年にツアー制度を施行してから45年間で、3週連続か3戦連続Vの偉業を達成したプロは5人しかおらず、昔のプロばかり。ここ17年はゼロだ。それだけ突出した選手がいなくなり、男子ツアーが人気低迷に陥った大きな原因とも言える。

 前週の開幕戦でツアー初優勝を遂げた重永亜斗夢(29)は今大会、通算2オーバー83位で予選落ちだった。

「初優勝すると契約先、親戚、関係者からの祝福に携帯電話は鳴りっぱなしで、その応対に連日夜遅くまで振り回される。また自宅には花かごが次から次へと届き、対応に追われてヘトヘトになる。だから優勝した翌週の大会は、疲れて満足にプレーできないプロが最近は多い」(ツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る