優勝翌週に予選落ち…重永亜斗夢に欠けた“一流選手”の自覚

公開日:  更新日:

【パナソニックOP】

 昔は強いプロが毎週のように勝って、ツアーを大いに盛り上げた。3週連続優勝はG・マーシュ(1974年)、謝敏男(82年)、尾崎将司(88、94年)の3人。3試合連続になると青木功(86年)、尾崎将司(89、90、96年)、片山晋呉(2000年)がいる。

 72年にツアー制度を施行してから45年間で、3週連続か3戦連続Vの偉業を達成したプロは5人しかおらず、昔のプロばかり。ここ17年はゼロだ。それだけ突出した選手がいなくなり、男子ツアーが人気低迷に陥った大きな原因とも言える。

 前週の開幕戦でツアー初優勝を遂げた重永亜斗夢(29)は今大会、通算2オーバー83位で予選落ちだった。

「初優勝すると契約先、親戚、関係者からの祝福に携帯電話は鳴りっぱなしで、その応対に連日夜遅くまで振り回される。また自宅には花かごが次から次へと届き、対応に追われてヘトヘトになる。だから優勝した翌週の大会は、疲れて満足にプレーできないプロが最近は多い」(ツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る