• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

加地亮<1>僕の知っている西野朗監督について話そう

 ハリルホジッチ監督解任と西野朗・新監督就任の報は、日本代表OBにも衝撃を与えた。2006年ドイツW杯戦士でG大阪時代、西野監督の教え子だった加地亮も、大きな驚きを覚えたひとりである。「西野さんはチームのバランスを取れる監督。選手のモチベーションを上げるのもうまい。短期間でも積極的にコミュニケーションを取り、チームを変えてくれると思う」と手腕に期待する。

 国際Aマッチ出場64試合(2得点)という偉大な実績を残した元代表右SBは、J2岡山に在籍した17年限りで現役を引退した。その後は、一人のサポーターとして代表を見続けているが、ハリル体制で結果が出ないことを心配していた。

「3月のマリ、ウクライナとの2連戦(リエージュ)は、選手全員のやろうとしていることが一致していないように感じられた。W杯まで時間がないし、今さらハリル監督のやり方を変える時間はないから、全員が信じて貫くしかない――と僕は考えていました」と加地はしみじみ話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る