元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

加地亮<1>僕の知っている西野朗監督について話そう

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ監督解任と西野朗・新監督就任の報は、日本代表OBにも衝撃を与えた。2006年ドイツW杯戦士でG大阪時代、西野監督の教え子だった加地亮も、大きな驚きを覚えたひとりである。「西野さんはチームのバランスを取れる監督。選手のモチベーションを上げるのもうまい。短期間でも積極的にコミュニケーションを取り、チームを変えてくれると思う」と手腕に期待する。

 国際Aマッチ出場64試合(2得点)という偉大な実績を残した元代表右SBは、J2岡山に在籍した17年限りで現役を引退した。その後は、一人のサポーターとして代表を見続けているが、ハリル体制で結果が出ないことを心配していた。

「3月のマリ、ウクライナとの2連戦(リエージュ)は、選手全員のやろうとしていることが一致していないように感じられた。W杯まで時間がないし、今さらハリル監督のやり方を変える時間はないから、全員が信じて貫くしかない――と僕は考えていました」と加地はしみじみ話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る