元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

加地亮<1>僕の知っている西野朗監督について話そう

公開日:

 ハリルホジッチ監督解任と西野朗・新監督就任の報は、日本代表OBにも衝撃を与えた。2006年ドイツW杯戦士でG大阪時代、西野監督の教え子だった加地亮も、大きな驚きを覚えたひとりである。「西野さんはチームのバランスを取れる監督。選手のモチベーションを上げるのもうまい。短期間でも積極的にコミュニケーションを取り、チームを変えてくれると思う」と手腕に期待する。

 国際Aマッチ出場64試合(2得点)という偉大な実績を残した元代表右SBは、J2岡山に在籍した17年限りで現役を引退した。その後は、一人のサポーターとして代表を見続けているが、ハリル体制で結果が出ないことを心配していた。

「3月のマリ、ウクライナとの2連戦(リエージュ)は、選手全員のやろうとしていることが一致していないように感じられた。W杯まで時間がないし、今さらハリル監督のやり方を変える時間はないから、全員が信じて貫くしかない――と僕は考えていました」と加地はしみじみ話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る