元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

加地亮<1>僕の知っている西野朗監督について話そう

公開日: 更新日:

 そんな矢先の監督交代劇。しかもG大阪時代に6年間、指導を受けた西野監督が後任である。

「僕の知っている西野さんは、ボールを支配しながら攻めを仕掛けていくスタイルを志向する監督でした。ロシアで守備的に行くのか? 攻撃的に行くのか? まだ分かりませんが、ガンバのような方向にかじを切るのであれば、日本人の武器である俊敏性を生かし、狭いエリアで相手をどれだけ崩せるか? がカギを握るでしょう。プレーや考えるスピードを上げ、ボールを出して動く回数を増やすことで相手を凌駕できれば、勝利を見いだせるはず。ロシアで西野さんには、思い切った戦いを見せてほしいですね」と熱烈エールを送る。

 西野監督が、ガンバを率いた10年間を振り返ると05年のJ1制覇など国内タイトル4回、08年ACL優勝と輝かしい実績が続く。当時のガンバはMF遠藤保仁を攻撃の軸に据えて明神智和(長野MF)、橋本英郎(東京V・DF)、二川孝広(栃木MF)のように献身的にチームメートを支えられる人材を配した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  5. 5

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  9. 9

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  10. 10

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

もっと見る