29日に初対戦 大谷の“田中攻略”はNYメディアへの意趣返し

公開日: 更新日:

 大谷翔平(23)がメジャー挑戦する際、ヤンキースの地元・ニューヨークメディアは、これでもかと激しく批判した。

 それまで「ヤンキースの救世主」「本命はヤンキース」と持ち上げながら、ヤンキースが面談を行う7球団から外れた途端、手のひらを返して大谷をたたいた。

「なんてチキン(臆病者)なんだ! 日本のスターは大都市を恐れた」と「デイリー・ニューズ」が報じれば、「ニューヨーク・ポスト」は「その衝撃の挙動によってヤンキースは性急な補強プランの変更を余儀なくされる」と書いた。ヤンキースを選ばなかった大谷を、生き馬の目を抜くニューヨークでの勝負を避けた臆病者だとなじった。

 大谷はしかし、二刀流を続けられる環境を優先したに過ぎない。仮にヤンキースに入ってオープン戦のような成績(投げて防御率27.00、打って打率.125)なら、レギュラー剥奪はもちろん、開幕前のマイナー落ちまであった。ヤンキースはファンもメディアも性急に結果を求める。長い目で見てくれるエンゼルスを選んだ大谷は賢かったわけで、「チキン」ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    前澤氏と破局…剛力彩芽が目指すべきは上戸彩の「昼顔妻」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る