29日に初対戦 大谷の“田中攻略”はNYメディアへの意趣返し

公開日:

 大谷翔平(23)がメジャー挑戦する際、ヤンキースの地元・ニューヨークメディアは、これでもかと激しく批判した。

 それまで「ヤンキースの救世主」「本命はヤンキース」と持ち上げながら、ヤンキースが面談を行う7球団から外れた途端、手のひらを返して大谷をたたいた。

「なんてチキン(臆病者)なんだ! 日本のスターは大都市を恐れた」と「デイリー・ニューズ」が報じれば、「ニューヨーク・ポスト」は「その衝撃の挙動によってヤンキースは性急な補強プランの変更を余儀なくされる」と書いた。ヤンキースを選ばなかった大谷を、生き馬の目を抜くニューヨークでの勝負を避けた臆病者だとなじった。

 大谷はしかし、二刀流を続けられる環境を優先したに過ぎない。仮にヤンキースに入ってオープン戦のような成績(投げて防御率27.00、打って打率.125)なら、レギュラー剥奪はもちろん、開幕前のマイナー落ちまであった。ヤンキースはファンもメディアも性急に結果を求める。長い目で見てくれるエンゼルスを選んだ大谷は賢かったわけで、「チキン」ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る