ポーカーフェイスに秘めた闘志 DeNA京山が背負う“父の夢”

公開日: 更新日:

 マウンドでは、どんな状況でも無表情。淡々と投げる姿は幼少期からそうだった。滋賀の北大路中学時代に在籍していた「草津シニア」の徳地正典部長はこう振り返る。

「感情を表に出さない物静かな子でした。でも、マウンドに上がると内に秘めた闘志を感じた。中学3年時の日本選手権1回戦で八王子シニアと当たったとき、八王子のホームでやったんですが、相手投手に2回デッドボールを当ててしまった。申し訳ないという気持ちはあったでしょうが、その後もインコースを投げ続けましたから」

【ポーカーフェース】

 感情が顔に出ないため、チームでは不思議ちゃんキャラが定着している。

 先輩の砂田は「打たれても失敗しても、何も感じていないのか、と思うくらい。いい意味では動じない、悪い意味では失敗しても変わらない(笑い)? そんな印象。マウンドを降りればゲーム好きな普通の子ですね」と証言。近江高校の多賀監督もこう述懐する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る