首位キープでも…広島がいまだ悔やむ河田元コーチの移籍

公開日: 更新日:

 開幕から1カ月。セ・リーグはまだ「ダンゴ状態」が続くといわれている中、シーズン連覇の広島が首位をキープしている。

 その広島にとって、あの人の「移籍」は今でも後ろ髪をひかれる思いだという。「貴重な存在だったからね」と話すのは、高ヘッドコーチだ。

「河田(雄祐元外野守備走塁)コーチは選手を盛り上げたり、気持ちを持っていくのがうまかった。(緒方)監督や外国人選手とも積極的にコミュニケーションを取ってくれていました。今、彼の代わりになる人はいないですね」

 河田コーチは昨オフ、石井琢朗打撃コーチと共に2年間在籍した広島からヤクルトへ移籍。秋季キャンプからチームに合流すると、カープ流の指導で盗塁時のリードや守備を選手に叩き込んだ。集中力が切れやすくサボリ癖のあるバレンティンにも片言の英語とジェスチャーを駆使。要所要所で監視しながら笑顔とジョークで重い腰を上げさせた。機動力野球を目指すチームで孤立しないための気遣いでもあった。

 ちなみに、ヤクルトは現在5位に低迷。シーズン連覇の立役者である2人のコーチを招聘しても、「知識や技術を生かせる選手がいなければ意味がない」と厳しい意見もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る