• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

守備デビューの清宮 日ハムだからできる「新助っ人」扱い

 大物新人の育成には、球団もとかく気を使うもの。日本ハムの高卒ルーキー清宮幸太郎(18)も例に漏れないが、独自路線を突き進むこの球団はひと味違う。

 清宮は4日、「5番・一塁」でスタメン出場。一軍で初めて守備につき、4打数1安打とバットでもかろうじて結果を出した。

 清宮はかねて「課題は守備」と言われていた。春季キャンプでは金子一軍内野守備走塁コーチから、守備のイロハのイから教わっていたほどだ。

 しかし、清宮に求められているのは、長打力に他ならない。ある球団OBは「守備はあくまで最低限、というのが球団方針と聞きました」と、こう話す。

「球団は高卒新人の清宮を、『助っ人』と同じような位置づけで捉えているそうです。つまり、守備には目をつむり、とにかく打ちまくってくれればいい。最低限の守りはできるようになったと判断されたからこそ、一塁に抜擢されたのでしょう。あとはどれだけ打てるか。一塁は名手の中田がおり、DHには近藤やアルシアもいる。ライバルは多く、ポジション争いが過熱していますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る