守備デビューの清宮 日ハムだからできる「新助っ人」扱い

公開日:

 大物新人の育成には、球団もとかく気を使うもの。日本ハムの高卒ルーキー清宮幸太郎(18)も例に漏れないが、独自路線を突き進むこの球団はひと味違う。

 清宮は4日、「5番・一塁」でスタメン出場。一軍で初めて守備につき、4打数1安打とバットでもかろうじて結果を出した。

 清宮はかねて「課題は守備」と言われていた。春季キャンプでは金子一軍内野守備走塁コーチから、守備のイロハのイから教わっていたほどだ。

 しかし、清宮に求められているのは、長打力に他ならない。ある球団OBは「守備はあくまで最低限、というのが球団方針と聞きました」と、こう話す。

「球団は高卒新人の清宮を、『助っ人』と同じような位置づけで捉えているそうです。つまり、守備には目をつむり、とにかく打ちまくってくれればいい。最低限の守りはできるようになったと判断されたからこそ、一塁に抜擢されたのでしょう。あとはどれだけ打てるか。一塁は名手の中田がおり、DHには近藤やアルシアもいる。ライバルは多く、ポジション争いが過熱していますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る