守備デビューの清宮 日ハムだからできる「新助っ人」扱い

公開日: 更新日:

 大物新人の育成には、球団もとかく気を使うもの。日本ハムの高卒ルーキー清宮幸太郎(18)も例に漏れないが、独自路線を突き進むこの球団はひと味違う。

 清宮は4日、「5番・一塁」でスタメン出場。一軍で初めて守備につき、4打数1安打とバットでもかろうじて結果を出した。

 清宮はかねて「課題は守備」と言われていた。春季キャンプでは金子一軍内野守備走塁コーチから、守備のイロハのイから教わっていたほどだ。

 しかし、清宮に求められているのは、長打力に他ならない。ある球団OBは「守備はあくまで最低限、というのが球団方針と聞きました」と、こう話す。

「球団は高卒新人の清宮を、『助っ人』と同じような位置づけで捉えているそうです。つまり、守備には目をつむり、とにかく打ちまくってくれればいい。最低限の守りはできるようになったと判断されたからこそ、一塁に抜擢されたのでしょう。あとはどれだけ打てるか。一塁は名手の中田がおり、DHには近藤やアルシアもいる。ライバルは多く、ポジション争いが過熱していますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    「いっちょうけんめいやります」誕生秘話…二つ目昇進時に

もっと見る