松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サイレント・トリートメントはよせ メジャーの猿真似だ

公開日: 更新日:

 初めてホームランを打った新人選手を、熱狂的にベンチで出迎えず、わざと無視するメジャーリーグ流ギャグ。サイレント・トリートメント?

 日本人メジャーリーガーはイチローも青木も前田健太もやられた。大谷翔平が「ねえねえホームラン打ったよ、褒めてよ、ねえねえねえ、ぴょんぴょんぴょん」と跳ねておねだりしたのが「かわゆい!」となって話題となり、さっそくNPBでも始めやがった。

 ホームランの内川にベンチで仕掛けて、いっぺんでよしとキャいいものを、松田にまでやらかすが、松田はあの通りの突っ走り野郎だもんで、ベンチが無視してもカンケ~なく、スタンドに向かって「あっつお~~~~~~!」と絶叫してみせた。

■静かにリンス

 ま、いいけどな、ホークスの選手ども。同じ試合で一度ならず二度までも、メジャーでウケたからって、やってみせるのはあんまし芸がなかろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  9. 9

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  10. 10

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る