松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サイレント・トリートメントはよせ メジャーの猿真似だ

公開日:

 初めてホームランを打った新人選手を、熱狂的にベンチで出迎えず、わざと無視するメジャーリーグ流ギャグ。サイレント・トリートメント?

 日本人メジャーリーガーはイチローも青木も前田健太もやられた。大谷翔平が「ねえねえホームラン打ったよ、褒めてよ、ねえねえねえ、ぴょんぴょんぴょん」と跳ねておねだりしたのが「かわゆい!」となって話題となり、さっそくNPBでも始めやがった。

 ホームランの内川にベンチで仕掛けて、いっぺんでよしとキャいいものを、松田にまでやらかすが、松田はあの通りの突っ走り野郎だもんで、ベンチが無視してもカンケ~なく、スタンドに向かって「あっつお~~~~~~!」と絶叫してみせた。

■静かにリンス

 ま、いいけどな、ホークスの選手ども。同じ試合で一度ならず二度までも、メジャーでウケたからって、やってみせるのはあんまし芸がなかろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る