松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サイレント・トリートメントはよせ メジャーの猿真似だ

公開日: 更新日:

 初めてホームランを打った新人選手を、熱狂的にベンチで出迎えず、わざと無視するメジャーリーグ流ギャグ。サイレント・トリートメント?

 日本人メジャーリーガーはイチローも青木も前田健太もやられた。大谷翔平が「ねえねえホームラン打ったよ、褒めてよ、ねえねえねえ、ぴょんぴょんぴょん」と跳ねておねだりしたのが「かわゆい!」となって話題となり、さっそくNPBでも始めやがった。

 ホームランの内川にベンチで仕掛けて、いっぺんでよしとキャいいものを、松田にまでやらかすが、松田はあの通りの突っ走り野郎だもんで、ベンチが無視してもカンケ~なく、スタンドに向かって「あっつお~~~~~~!」と絶叫してみせた。

■静かにリンス

 ま、いいけどな、ホークスの選手ども。同じ試合で一度ならず二度までも、メジャーでウケたからって、やってみせるのはあんまし芸がなかろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る