松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サイレント・トリートメントはよせ メジャーの猿真似だ

公開日:

 初めてホームランを打った新人選手を、熱狂的にベンチで出迎えず、わざと無視するメジャーリーグ流ギャグ。サイレント・トリートメント?

 日本人メジャーリーガーはイチローも青木も前田健太もやられた。大谷翔平が「ねえねえホームラン打ったよ、褒めてよ、ねえねえねえ、ぴょんぴょんぴょん」と跳ねておねだりしたのが「かわゆい!」となって話題となり、さっそくNPBでも始めやがった。

 ホームランの内川にベンチで仕掛けて、いっぺんでよしとキャいいものを、松田にまでやらかすが、松田はあの通りの突っ走り野郎だもんで、ベンチが無視してもカンケ~なく、スタンドに向かって「あっつお~~~~~~!」と絶叫してみせた。

■静かにリンス

 ま、いいけどな、ホークスの選手ども。同じ試合で一度ならず二度までも、メジャーでウケたからって、やってみせるのはあんまし芸がなかろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る