• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サイレント・トリートメントはよせ メジャーの猿真似だ

 初めてホームランを打った新人選手を、熱狂的にベンチで出迎えず、わざと無視するメジャーリーグ流ギャグ。サイレント・トリートメント?

 日本人メジャーリーガーはイチローも青木も前田健太もやられた。大谷翔平が「ねえねえホームラン打ったよ、褒めてよ、ねえねえねえ、ぴょんぴょんぴょん」と跳ねておねだりしたのが「かわゆい!」となって話題となり、さっそくNPBでも始めやがった。

 ホームランの内川にベンチで仕掛けて、いっぺんでよしとキャいいものを、松田にまでやらかすが、松田はあの通りの突っ走り野郎だもんで、ベンチが無視してもカンケ~なく、スタンドに向かって「あっつお~~~~~~!」と絶叫してみせた。

■静かにリンス

 ま、いいけどな、ホークスの選手ども。同じ試合で一度ならず二度までも、メジャーでウケたからって、やってみせるのはあんまし芸がなかろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る