松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サイレント・トリートメントはよせ メジャーの猿真似だ

公開日: 更新日:

 ん~なことやってるからアメリカ嫌いで凝り固まった日本野球偏執狂のOBが日曜の朝に、

「ここは日本だからね! なんでもかんでもアメリカの猿真似するなと言いたいね! サムライなんだから、全員が正座して三顧の礼で迎えるとか、日本独自のやり方を工夫しなさいよ。そんなにアメリカがいいかね! 自分の庭で横文字の遊びをさせて喜ぶ親がどこにいる! 私なんかね、床屋で髪の毛洗うときに、やたら話しかけるのは客の気分をこわすことがあり、特に『かゆい所ございませんか?』を『濃ゆい所ございませんか?』と聞き違えたオヤジが腹立てて散髪代を踏み倒すのを防止するために、理容業界で、静かにリンスをすること。最初にアメリカで考案されたが、何でもアメリカの真似をしたがる日本でも急速に広まっている理容業界における流行かと思いましたよ。サイレント・トリートメント? 喝~~~~!」

 とか、(そこまで凝ったディテールでコメントできる脳みそではなかろうが)吐き散らして炎上し、とうとう「現代用語のクソ知識」のサ行に載ったり、暮れの流行語大賞に選ばれたり、それを「なんでも鬼畜米英の猿真似をしたがる反日どもを一掃せよ!」とヘイトどもがわめき散らしたりする材料にされると思うと、つくづく日本のプロ野球選手の軽挙妄動が及ぼす影響を憂慮する毎日であったり……。

 するかよバカ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  7. 7

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  8. 8

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  9. 9

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る