2000安打また足踏み 劣悪グラウンドにソフトB内川イライラ

公開日: 更新日:

 8日の県営大宮球場は、気温10度の上に冷たい雨が降りしきる最悪のコンディション。そんな泥だらけのグラウンドで“泣いた”のがソフトバンクの内川(35)だ。

 2000安打まで残り1本としながら、5日の試合を最後に足踏み。この日も5打数無安打と散々だった。

 八回に先制点を叩き出したものの、ヒットではなく、西武の三塁・外崎が打球をはじくエラー。これには内川も「人間なんで、多少期待はしてたけど」と、悔しがることしきりだった。希代の安打製造機がボテボテの当たりで公式記録員の判断に期待するのだから、記録への重圧がそれだけ大きい証拠である。

 打てない自分の不甲斐なさ、雨の地方球場でもわざわざ応援に来てくれた父親のこともあり、イライラが募ったのだろう。八回裏には泥だらけのグラウンドに腹を立て、審判に猛抗議をする場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る