2000安打また足踏み 劣悪グラウンドにソフトB内川イライラ

公開日: 更新日:

 8日の県営大宮球場は、気温10度の上に冷たい雨が降りしきる最悪のコンディション。そんな泥だらけのグラウンドで“泣いた”のがソフトバンクの内川(35)だ。

 2000安打まで残り1本としながら、5日の試合を最後に足踏み。この日も5打数無安打と散々だった。

 八回に先制点を叩き出したものの、ヒットではなく、西武の三塁・外崎が打球をはじくエラー。これには内川も「人間なんで、多少期待はしてたけど」と、悔しがることしきりだった。希代の安打製造機がボテボテの当たりで公式記録員の判断に期待するのだから、記録への重圧がそれだけ大きい証拠である。

 打てない自分の不甲斐なさ、雨の地方球場でもわざわざ応援に来てくれた父親のこともあり、イライラが募ったのだろう。八回裏には泥だらけのグラウンドに腹を立て、審判に猛抗議をする場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る