慌てて育成から支配下登録 ソフトBは捕手がVのアキレス腱

公開日:  更新日:

「残念です。一軍のこの状況ですからね……」

 工藤監督がため息をついた。

 ソフトバンクは3日、2年目捕手の九鬼(19)が2日に右手親指の手術を行ったと発表。1日の三軍戦で負傷し、全治2~3カ月だという。

 今季も優勝候補筆頭と下馬評の高いソフトバンクのアキレス腱が捕手だ。

 キャンプ中、ベテランの高谷(36)が右ヒジを痛めて手術。第3捕手候補の栗原(21)も右肩を脱臼し、離脱した。そこで球団は開幕直前に急きょ、育成選手の堀内(21)を支配下登録。扇の要は正捕手の甲斐(25)と、この堀内の2人体制を取ることになった。

 おまけに九鬼まで故障離脱したことで、一軍の2人とケガ人を除けばチーム内に残された捕手はわずか3人。ソフトバンクは三軍制を敷いているため、試合に出場できる捕手がいない、なんてことにもなりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る