大ブレーキ阪神ロサリオ 日韓2冠王の“あの先輩”と何が違う

公開日: 更新日:

 ロサリオが前日に続いて4タコの大ブレーキ。巨人は阿部に3ランが飛び出し、4番のバットが勝敗を分けた。

 ロサリオは昨年まで韓国ハンファで2年連続3割、30本塁打、100打点を記録。新大砲として阪神入りしたが、今のところ期待を裏切っている。

 韓国球界の「華麗な実績」をひっさげて来日した大砲といえば、2003年に横浜(現DeNA)入りしたタイロン・ウッズを思い出す。

 韓国・斗山では1998年に42本塁打、103打点の2冠王に輝き、以後4年連続30本、100打点をマーク。横浜でも2年連続本塁打王(40、45本)となり、05年から中日へ移籍。06年には47本、144打点でNPBでも2冠を獲得。5番を打つ福留とともに2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 在京球団の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る