大ブレーキ阪神ロサリオ 日韓2冠王の“あの先輩”と何が違う

公開日: 更新日:

 ロサリオが前日に続いて4タコの大ブレーキ。巨人は阿部に3ランが飛び出し、4番のバットが勝敗を分けた。

 ロサリオは昨年まで韓国ハンファで2年連続3割、30本塁打、100打点を記録。新大砲として阪神入りしたが、今のところ期待を裏切っている。

 韓国球界の「華麗な実績」をひっさげて来日した大砲といえば、2003年に横浜(現DeNA)入りしたタイロン・ウッズを思い出す。

 韓国・斗山では1998年に42本塁打、103打点の2冠王に輝き、以後4年連続30本、100打点をマーク。横浜でも2年連続本塁打王(40、45本)となり、05年から中日へ移籍。06年には47本、144打点でNPBでも2冠を獲得。5番を打つ福留とともに2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 在京球団の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  7. 7

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  8. 8

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

もっと見る