• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大ブレーキ阪神ロサリオ 日韓2冠王の“あの先輩”と何が違う

 ロサリオが前日に続いて4タコの大ブレーキ。巨人は阿部に3ランが飛び出し、4番のバットが勝敗を分けた。

 ロサリオは昨年まで韓国ハンファで2年連続3割、30本塁打、100打点を記録。新大砲として阪神入りしたが、今のところ期待を裏切っている。

 韓国球界の「華麗な実績」をひっさげて来日した大砲といえば、2003年に横浜(現DeNA)入りしたタイロン・ウッズを思い出す。

 韓国・斗山では1998年に42本塁打、103打点の2冠王に輝き、以後4年連続30本、100打点をマーク。横浜でも2年連続本塁打王(40、45本)となり、05年から中日へ移籍。06年には47本、144打点でNPBでも2冠を獲得。5番を打つ福留とともに2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 在京球団の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る