痛恨の緊急降板…松坂のローテ入りは森監督の進退に影響も

公開日: 更新日:

 大事には至らないようだ。中日の松坂大輔(37)が13日、移籍後初めてナゴヤドーム以外の球場(東京ドーム)での巨人戦に登板。三回途中、41球で右ふくらはぎに強い張りを訴え、緊急降板した。

 最初から怪しかった。初回、坂本勇に左前打され、2年目の吉川尚にプロ初本塁打となる2ランを浴びた。わずか3球で2失点。三回1死二塁から阿部を四球で歩かせた後に右足をかばうしぐさを見せた。治療のためダッグアウトへ下がり、そのまま笠原に交代した。

 移籍後4試合目で最短となる2回3分の1での降板。4失点も移籍後ワーストとなった。今季はここまで3試合に先発。いずれも5イニング以上を投げ、この日は中12日だった。内容次第では先発ローテーション入りの可能性もある大事な登板で痛恨のアクシデント。

 さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  8. 8

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る