痛恨の緊急降板…松坂のローテ入りは森監督の進退に影響も

公開日:  更新日:

 大事には至らないようだ。中日の松坂大輔(37)が13日、移籍後初めてナゴヤドーム以外の球場(東京ドーム)での巨人戦に登板。三回途中、41球で右ふくらはぎに強い張りを訴え、緊急降板した。

 最初から怪しかった。初回、坂本勇に左前打され、2年目の吉川尚にプロ初本塁打となる2ランを浴びた。わずか3球で2失点。三回1死二塁から阿部を四球で歩かせた後に右足をかばうしぐさを見せた。治療のためダッグアウトへ下がり、そのまま笠原に交代した。

 移籍後4試合目で最短となる2回3分の1での降板。4失点も移籍後ワーストとなった。今季はここまで3試合に先発。いずれも5イニング以上を投げ、この日は中12日だった。内容次第では先発ローテーション入りの可能性もある大事な登板で痛恨のアクシデント。

 さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る