痛恨の緊急降板…松坂のローテ入りは森監督の進退に影響も

公開日:  更新日:

 大事には至らないようだ。中日の松坂大輔(37)が13日、移籍後初めてナゴヤドーム以外の球場(東京ドーム)での巨人戦に登板。三回途中、41球で右ふくらはぎに強い張りを訴え、緊急降板した。

 最初から怪しかった。初回、坂本勇に左前打され、2年目の吉川尚にプロ初本塁打となる2ランを浴びた。わずか3球で2失点。三回1死二塁から阿部を四球で歩かせた後に右足をかばうしぐさを見せた。治療のためダッグアウトへ下がり、そのまま笠原に交代した。

 移籍後4試合目で最短となる2回3分の1での降板。4失点も移籍後ワーストとなった。今季はここまで3試合に先発。いずれも5イニング以上を投げ、この日は中12日だった。内容次第では先発ローテーション入りの可能性もある大事な登板で痛恨のアクシデント。

 さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る