• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調岡本にも影響か 巨人ゲレーロ死球の後の不吉なデータ

 巨人のアレックス・ゲレーロ(31)の状態が心配されている。13日の中日戦で右手首に近い小指寄りの側面部分に死球を受けて苦悶の表情。そのまま途中交代となった。試合後に「今のところ骨折はしていないが、バットを握れても衝撃に耐えられるかは、やってみないと分からない」と今日15日以降の出場について語っていた。

 ただし、この助っ人、死球後に不吉なデータがある。

 1日の広島戦で2連続死球を食らった後、10打席無安打と打てなくなった。前の試合まで・323だった打率は・300まで降下。踏み込めない、痛みに弱い、モチベーションが下がるなどの要因が挙げられる。

 リーグ最多タイの15個の死球を受けた中日時代の昨年7月26日にも、今回の箇所に近い右手に食らって打撲。翌日の試合を欠場している。月間打率を見ると、7月は・309だったものが、死球直後から大きく調子を落とし、8月は・247。9、10月には・316と立て直している。古巣の中日関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る