好調岡本にも影響か 巨人ゲレーロ死球の後の不吉なデータ

公開日: 更新日:

 巨人アレックス・ゲレーロ(31)の状態が心配されている。13日の中日戦で右手首に近い小指寄りの側面部分に死球を受けて苦悶の表情。そのまま途中交代となった。試合後に「今のところ骨折はしていないが、バットを握れても衝撃に耐えられるかは、やってみないと分からない」と今日15日以降の出場について語っていた。

 ただし、この助っ人、死球後に不吉なデータがある。

 1日の広島戦で2連続死球を食らった後、10打席無安打と打てなくなった。前の試合まで・323だった打率は・300まで降下。踏み込めない、痛みに弱い、モチベーションが下がるなどの要因が挙げられる。

 リーグ最多タイの15個の死球を受けた中日時代の昨年7月26日にも、今回の箇所に近い右手に食らって打撲。翌日の試合を欠場している。月間打率を見ると、7月は・309だったものが、死球直後から大きく調子を落とし、8月は・247。9、10月には・316と立て直している。古巣の中日関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    “泣き虫少女”の大坂なおみを変えた 恋人と敏腕マネの存在

もっと見る