好調岡本にも影響か 巨人ゲレーロ死球の後の不吉なデータ

公開日: 更新日:

 巨人のアレックス・ゲレーロ(31)の状態が心配されている。13日の中日戦で右手首に近い小指寄りの側面部分に死球を受けて苦悶の表情。そのまま途中交代となった。試合後に「今のところ骨折はしていないが、バットを握れても衝撃に耐えられるかは、やってみないと分からない」と今日15日以降の出場について語っていた。

 ただし、この助っ人、死球後に不吉なデータがある。

 1日の広島戦で2連続死球を食らった後、10打席無安打と打てなくなった。前の試合まで・323だった打率は・300まで降下。踏み込めない、痛みに弱い、モチベーションが下がるなどの要因が挙げられる。

 リーグ最多タイの15個の死球を受けた中日時代の昨年7月26日にも、今回の箇所に近い右手に食らって打撲。翌日の試合を欠場している。月間打率を見ると、7月は・309だったものが、死球直後から大きく調子を落とし、8月は・247。9、10月には・316と立て直している。古巣の中日関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る