好調岡本にも影響か 巨人ゲレーロ死球の後の不吉なデータ

公開日:  更新日:

 巨人のアレックス・ゲレーロ(31)の状態が心配されている。13日の中日戦で右手首に近い小指寄りの側面部分に死球を受けて苦悶の表情。そのまま途中交代となった。試合後に「今のところ骨折はしていないが、バットを握れても衝撃に耐えられるかは、やってみないと分からない」と今日15日以降の出場について語っていた。

 ただし、この助っ人、死球後に不吉なデータがある。

 1日の広島戦で2連続死球を食らった後、10打席無安打と打てなくなった。前の試合まで・323だった打率は・300まで降下。踏み込めない、痛みに弱い、モチベーションが下がるなどの要因が挙げられる。

 リーグ最多タイの15個の死球を受けた中日時代の昨年7月26日にも、今回の箇所に近い右手に食らって打撲。翌日の試合を欠場している。月間打率を見ると、7月は・309だったものが、死球直後から大きく調子を落とし、8月は・247。9、10月には・316と立て直している。古巣の中日関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る