打率&得点1位も 巨人ローテ再編で“クビが寒い”4人の名前

公開日: 更新日:

 首位にいてもおかしくない数字だ。7日現在、チーム打率.284、158得点はともにリーグトップ。昨季までの貧打がウソのように点が入っている。それなのに、15勝14敗1分けで3位。防御率3.97(同4位)の投手陣が不安定なのだ。

 前日6日のDeNA戦は12失点で敗れた。斎藤投手総合コーチは先発の野上ら投手陣に向け、「話にならない」とピシャリ。その斎藤コーチは数日前、「やっと先発が安定してきた? そうかあ~? まあ(菅野)智之(の状態が)が上がってきて、(山口)俊はいい。でも田口と他の先発がねえ……」と不安を漏らしていた。

 いくら打っても点を取られる。そんな現状に、ささやかれているのが、先発ローテーションの再編だ。10日の阪神戦で内海が今季初めて先発予定となっている。昨7日、一軍の先発投手練習に合流し、「キャンプからやってきたことをやるだけ」と意気込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る